JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 498
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

今年6月に主人が家を出て一方的に別居がはじまりました。 5年前に調査したときの証拠はあります。 相手も名前・勤務

解決済みの質問:

今年6月に主人が家を出て一方的に別居がはじまりました。
5年前に調査したときの証拠はあります。
相手も名前・勤務先判明しています。
が、そのとき「別れた。もし会っていたことが判明したら、1000万円支払います。」と念書も書いています。
別れたことがわかる物を見せてほしい と言っても、何もない。行動で示す。と言われ信じる努力をする しかありませんでした。
しかし、今年別居後、少なくとも2年前まで続いていたことがわかるメモがありました。主人も認めました。
(別居後も会っていたのではないかと私は思いますが、証拠がありません。主人も認めていません)

証拠は5年前のものですが、別れたと念書まで書いた後も続いていたことがわかったのは今月です。

故意に時効までだましていた主人。
それでも5年前の証拠は時効で、なんの効力もないのでしょうか。

証拠がなければ主人は嘘ばかり言います。
自分の罪を認めさせるには、事実上母子家庭で経済的に倹約する必要はある状態ですが、
調査に費用をつぎ込む必要があるのでしょうか。

それとも今のカード(5年前の調査証拠・5年前の念書・別れてなかったとわかるメモ・それを認めた主人のメール・別居後のマンションにあった使用済み避妊具)
これらで主人の有責性は認めてもらえるでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

既に5年前から、不倫相手との関係が継続していることが判明している。そして現在も続いているということでしょうか。

相手も判明していて、居住先も判明している。別居後の夫のマンションにあなたは入れるのですね。それで証拠も掴んでいる。

夫婦間の念書はともかくとして、不倫が続いていることは事実ですから、不倫相手に慰謝料を請求することはできます。額としては150~300万円ほどでしょうか。相手が居直って不倫を認めるのであればなおさら、認めなかったとしたら、裁判を起こすことになります。その時には、物的証拠や証言をが必要になます。相手に会う時や、夫の言動は、ICレコーダーなどで録音しておきましょう。

まずは、相手に対しての対応ですが、あなたはこの後夫とどういう関係になりたいとお考えでしょうか。復縁それとも離婚。これについて即答できないようであれば、調停を申したててみてはいかがでしょうか。調停委員を介した間接的な夫の考えを聞くことができます。離婚調停で申し込んでも、話し合いのなかで、復縁に向かって動くこともできます。

ただし、夫が相手との生活を望み、離婚するというのであれば、財産分与や養育費、慰謝料について話し合いましょう。離婚であれば、夫に責があるので、慰謝料を支払わせることができます。

話し合いの流れ次第で対応を検討していきましょう。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


現在相手を特定する証拠はありません。


5年前の調査結果で彼女に慰謝料請求はできますか?


 


その彼女と少なくとも2年前まで別れていなかったと


知ったのは今年です。

専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

返信いただき、ありがとうございます。

・交通事故の損害賠償請求、不倫の慰謝料などの時効は3年となります。よって過去3年間に不倫の事実が継続していれば、請求できることになります。

5年前の調査結果でも、現在まで不倫が継続している事実を証明できれば、有効な証拠になります。

2年前まで別れていなかった、ということであれば請求可能です。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問