JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

不倫中に、相手の奥様にバレてしまいました。 慰謝料を請求されると思いますが、一般的にどのくらいに金額になるのか伺い

質問者の質問

不倫中に、相手の奥様にバレてしまいました。
慰謝料を請求されると思いますが、一般的にどのくらいに金額になるのか伺いたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


裁判になれば不貞行為による慰謝料は、様々な要素を考慮して算定されます。
まずは、今までの婚姻関係に関して、婚姻期間は何年か、もともと仲の良い夫婦だったのか、喧嘩ばかりしている夫婦だったのか、不貞をされた方に落ち度はなかったのか、という点です。

それから、不貞 期間はどれくらいだったのか、どの程度の頻度で会っていたのか、会って話をするだけの方が多いような付き合いなのか、何度も一緒に旅行に行くような付き合いなのか、不貞を主導したのはどちらだったのか、家庭を壊しても構わないと思って付き合っていたのか、等の事項も重要な算定要素です。

さらに、不貞の被害に関する事項として、不貞により離婚してしまったのか、別居や離婚調停など離婚の危機に瀕しているのか、離婚までは至らなかったのかという婚姻関係への影響や、不貞によってうつになったとか、仕事に影響が出たとかいうような配偶者が被った精神的苦痛の大きさという事項も重要な要素となります。
また、不貞相手が反省、謝罪していないこと、というのも増額要素となります。

以上のような要素を考慮しますが、一般的に不貞行為の相手方の慰謝料として、100万〜200万円ほどの金額を裁判所は認めていると考えられます。


今後どのようになっていくか、という点ですが、まず相手の奥さんの弁護士から慰謝料についての話し合いがを要求されるでしょう。慰謝料の額が上記の範囲内であれば、そこで合意してもいいと思います。
その場合は合意書を作成して、関係は終了することになるでしょう。

もし、法外な慰謝料を請求されたのであれば、拒否すればいいです。相手は訴訟してくるかもしれませんが、その時は質問者様も弁護士に依頼して訴訟に応じればいいでしょう。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
回答を閲覧いただけたようですが、不明な点がありましたか?
回答閲覧後は下記署名欄の対応をお願いします。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問