JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4918
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

いつもお世話になります。質問をお願いします。現在離婚調停中。調停員より、親権と養育費、面接交渉について決定すれば離婚

解決済みの質問:

いつもお世話になります。質問をお願いします。現在離婚調停中。調停員より、親権と養育費、面接交渉について決定すれば離婚は成立し、その他の問題については話し合いを続けることができるというアドバイスをいただきました。転居・子供の学校入学などの問題もあるので、早く結論を出したいのですが、その場合財産分与などについてはどのような方法で話し合いを続けていくことになるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

多分、お話の内容は、調停を継続する状況で

決まったものをその都度、中間決定と言うことで書面化等していくものだと思います。

そのまま、調停は進行していきます。

仮に、離婚届を出された場合は、財産分与の請求は離婚後2年以内と言う時効があり

これは、除斥期間と言う、もうそれ以上は期間を延ばせない期間も2年となり

その間に、決着をつけることになります。

ただし、その間に調停や訴訟を起こせば、その後でも大丈夫な場合もございます。

そう言う意味では、じっくり2年間かけて対応すると言うのもございますが

あまり、時間をかけても意味がありませんので

いろいろ条件を提示して行きましょう。

その間は、扶養的財産分与として、生活費のようなものをご主人様から

いただくことも可能と思います。

早目に決着をつけるか、長引かせるのか、ご主人様に選択させることになります。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

 


ご回答ありがとうございます。
扶養的財産分与ですが、現在、私の方は収入が減っているものの、主人と同じくらいの収入はあります。住宅ローンの支払い口座を主人の口座に変更しました。養育費の支払いはありません。今の状況ですと、無理ですよね?


中間決定ということであれば、離婚は全部が終了するまで成立しないということですか?


離婚届を提出した後で財産分与について2年以内で話し合うということも可能ですか?


その際、別の調停になりますか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

 


ご回答ありがとうございます。
扶養的財産分与ですが、現在、私の方は収入が減っているものの、主人と同じくらいの収入はあります。住宅ローンの支払い口座を主人の口座に変更しました。養育費の支払いはありません。今の状況ですと、無理ですよね?


中間決定ということであれば、離婚は全部が終了するまで成立しないということですか?


離婚届を提出した後で財産分与について2年以内で話し合うということも可能ですか?


その際、別の調停になりますか?

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

ご相談者様に収入があると扶養的財産分与は難しいですね。

中間決定でも離婚はできると思いますが

調停委員に直接聞いてないのでわかりませんが

そこは、どうなるのか、きちんと調停委員に伺った方が良いでしょうね。

中間決定の間に決まったことは、そのまま実行されます。

司法機関もサービス業ではありますからね、教える義務はあります。

財産分与に関しては、離婚後2年で時効になります。

別に調停を立てても良いでしょうが、決められるなら継続した調停の方が面倒が無く良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問