JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

初めてご相談させていただきます。私はT(57歳)と申します。お墓のことで相談させてください。2

解決済みの質問:

初めてご相談させていただきます。 私はT(57歳)と申します。 お墓のことで相談させてください。 2年半前に私が介護していました実父が亡くなり、公正遺言書があったのですが、 分割協議をしました。その時点で遺言書は無効になると聞きましたが、不動産の 取り分以外のことは、遺言書どうりと記されています。 父の納骨の時点ではまだ遺言書は届いていなかったことから、兄嫁に「私が責任を持つから、名義は夫(私の兄)にしておいて」といわれ、そのことはこれから話し合おうということになっていました。 しかし父の残してくれた会社問題のことなどで、兄夫婦に対して不信感がつのり、 お墓のことをきちんとしてほしいと連絡をしましたが、きちんと対応してくれませんでした。 今現在、会社の清算については、弁護士さんにお願いしていますが、その弁護士さんにいまひとつ信頼が持てません。 また対応が非常に遅いのが気になっています。 父の遺言書では、私が継ぐことになっています。 兄夫婦は、昨年の5月あたりに名義変更の届けをしたそうです。 そのことは、多磨霊園管理事務所で聞きました。 関係が微妙になってきたのは、今年の初めくらいです。 昨年5月ですと良い関係にあったにも関わらず、私に何の話もなく名義変更をされてしまい、とてもショックをうけています。。 しかしながら、現在の名義人が拒否をすることに間違いは無いと思います。 私はどうすれば良いでしょうか。   宜しくお願い致します。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

墓、祭壇、位牌など祭祀に関する財産を継ぐ人のことを法律上「祭祀承継者」といいます。
あなたが公正証書遺言により亡くなったお父様から指定を受けているのですから祭祀承継者はあなたであり、兄夫婦が勝手に名義変更の届けを行ったとしてもそれは無効です。

 

まずは霊園管理事務所に連絡し、上記の理由で兄夫婦から出された届出は無効であること、改めて正当な祭祀承継者であるあなたから名義変更手続きを行うことを伝えてください。
霊園管理事務所からは公正証書遺言の提示その他必要な書類の指示があるはずですので、それに従って手続きを進めれば良いです。
公正証書遺言があるので可能性としては高くないと思いますが、もし現在の名義人である兄夫婦が協力しないとダメだなどと言って霊園管理事務所が手続きを拒否するようであれば、霊園を相手に裁判等で請求することになります。

 

より詳しくお知りになりたい点がある場合は、評価をせずに続けてご返信ください。

AEをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


T です。

早々に回答していただきまして、ありがとうございました。

 

先ほどお伝えしましたが、私の説明不足でした。

 

父の納骨の時に石材店で書いたのは、兄なので名義は兄です。

 

しかし昨年5月頃名義届けをしたものが、正式なものになるようです。

 

私は、納骨の時に、兄の名前になっているので、話し合いで今後のことを

みんなが良いように考えたいと思っていたので、私が知らないうちに名義の申請をしたのは、知りませんでした。

私は納骨の時に書いたものが、正式なものと思っていました。

そして、そのときの兄の言葉を信じました。

 

もうずいぶん前に管理事務所で、その話をしたところ、現名義人が拒否しているのなら、家裁からの書類でなければ、変更はできないと言われました。

 

長男とはいえ、父には心労をかけ、暴力を振るったこともあり、

兄嫁は父の食事も満足に作らなかったため、父と私(夫、子供3人もです)と同居をすることになりました。

父のことを思うとなんとしても、お墓は私が守っていきたいです。

 

思っていたより簡単にいかないようで、とても辛いです。

 

ご返答宜しくお願い致します。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

「父の遺言書では、私が継ぐことになっています。」というのは会社のことで、お墓についてではないのですね。勘違いをしてしまい失礼いたしました。
お父様のお墓は新しく建立されその名義が兄となっている、今後話し合うことを前提に、便宜上兄の名義とすることに同意しただけだったということで良いでしょうか。

 

上記のような事情の場合、管理事務所としては正規の手続きで名義が定められた以上、それを変更するには現在の名義人である兄が承諾するか家庭裁判所で正式にあなたが祭祀承継者として認められなければ変更できないと言うのもやむを得ないところです。

 

遺言書に祭祀承継者の指定がなかった場合、まずは慣習に従い、慣習も明らかでない場合は家庭裁判所の調停・審判のより定めることになります。
ここに言う慣習とは地域的なものや一部の伝統的な職業などで承継者が決まっている場合をいい、戦前のような長男が継ぐべきといった考えは現在の慣習とは言えないため、今回のお話でも慣習が明らかでない場合にあたる可能性が高く、まずは家庭裁判所で調停をすべきということになります。

調停ではお墓の名義が兄になっていることの経緯や、お父様のためにも自分がお墓を守っていきたいという思いを主張すれば良いです。

 

調停の申立はそれほど難しい手続きではないので、霞ヶ関の家庭裁判所へ行き相談窓口で書き方を教えて貰えばご自身でも行うことができると思います。
もし難しいと感じた場合は、弁護士または司法書士に申立を依頼してください。

質問者: 返答済み 4 年 前.


質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返信有難うございました。


 


それでは近日中に家庭裁判所に行ってきます。


 


遺言書で私が継ぐことになっているのは、お墓のことです。


 


文章がわかりにくく、申し訳ありませんでした。


 


会社はそれぞれの株数を相続しましたが、父が亡くなって二年半たつにも


 


かかわらず、一向に清算をしてくれないため、弁護士さん(紹介され)に


 


お願いした次第です。


 


有難うございました。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問