JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2228
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

ご質問よろしくお願いいたします。私と夫ともには51歳。子供は長男大学3年生。現在引きこもりの娘がいます。

解決済みの質問:

ご質問よろしくお願いいたします。 私と夫ともには51歳。子供は長男大学3年生。現在引きこもりの娘がいます。 2年間の夫の不倫が発覚し、私に許しは請いますが、やり直す気はなく、ただ子供たちが社会に出るまではこの家にいて欲しいと言います 。 夫に対して愛情がありましたので、やり直したい気持ちでいましたが、 共に過ごしていても、相手のことばかり思い、苦しいと訴えるので、 目を覚ますかどうかわからないけれど、距離を置こうと、私と娘で実家に帰りたいと話しました。 息子は大学の通学の関係でこの家から通うというので、私たちが出て行った後 息子と2人の生活がたいへんだと感じだしたようで 息子のためとは言いつつ、自分が出て行くから 私に家に残ってほしいと言いだしました。 夫の手取りは30万円。私のパート代を家のローンとして支払っています。 ぎりぎりの生活です。 しかし、相手の女性は開業医で金銭的には余裕のある生活をしています。 子ども達と話をしたところ、生活を保障してくれればそれでいいといいますし 私自身も愛想が尽き、そのように思うようになりました。 今後どのように夫と相手に対して行動を起こしていけばよろしいでしょうか。 当初、私と娘が私の実家に帰る予定でしたが、 長男の通学の関係で、が就職するまでは自分が出るから、この家に

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

質問が途中で終わってしまっているようですが、質問者様としてはご主人と離婚し、慰謝料を請求し、養育費を支払ってもらうことを要求したいということでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません。


今離婚を受け入れようとは考えていません。


慰謝料と養育費、生活費を支払ってもらいたいと考えています。


よろしくお願いいたします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
離婚をしなくても、ご主人と不倫相手に慰謝料を請求することはできます。

ただし、離婚をしない場合は慰謝料の相場は低くなります。
だいたい1 00万から200万ほどが相場となるでしょう。これは、二人合わせての金額です。

ご主人と不倫相手に慰謝料を支払ってもらうように請求しましょう。
請求は内容証明郵便がおすすめです。強制力はありませんが、心理的な圧力をかけることができます。
内容証明は行政書士、司法書士などの専門家にお願いすることができます。料金も1万円くらいです。

そして、離婚せずに別居している場合、ご主人から支払ってもらうのは養育費ではなく、「婚姻費用」というものです。
これは、お互いの話し合いで決めるものですが、協議が出来ない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。調停で話し合い、「調停委員」という争いを調整してくれる人によって妥当な婚姻費用を提示してもらえます。
婚姻費用はお互いの収入、お子さんの年齢などを考慮して、婚姻費用算定表に基づいて決められます。

もし、どれくらいの婚姻費用が妥当なのかをお知りになりたければ、お二人の年収を教えていただければ、お答えすることができます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


婚姻費用を教えてください。


主人の年収840万。


二人と言うと私ですか?私はパート収入約85万くらいです。


 


相手は開業医です。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
婚姻費用算定表によると、質問者様がもらえる婚姻費用は、月に16万円から18万円となります。
ただし、お子さんが大学に通っているということで、学費が多くかかると考えられますので、別に負担割合を決めて支払ってもらうといいでしょう。

ちなみに婚姻費用は不倫相手に請求することは出来ません。
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問