JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4406
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

初めまして。家族を、法のような強制力により、家から出て行ってもらうことはできるのでしょうか。 我が家の家族構成は、

解決済みの質問:

初めまして。家族を、法のような強制力により、家から出て行ってもらうことはできるのでしょうか。
我が家の家族構成は、父(80)、母(79)、姉(46)、私(45)の4人です。父は2008年に脳梗塞で倒れ左半身不随となり老人ホームに居ます。母と姉は実家で共に生活をしており、私は13年以上豪州で生活しています(姉も私も独身です)。よって、父がホームに入所するまでの病院でのリハビリ(病院でも行いますが絶対量が少ないため、プラスアルファーのリハビリ)、保険や入所の諸手続きなどは全て姉が行ってくれました。その点はと ても感謝しています。しかし、姉は子供の頃から母とは仲が悪く、今でも変わりません。そんな折、母も白内障となり足腰も弱り、更に多少痴呆症のような症状がみられるため私も日本への帰国準備を整えています。しかし、そのような状況においても姉は母へ八つ当たりをし、毎週のように泣かせています。それは週に2,3回、毎週母に電話するので打ち明けてくれます。内容を聞くと「話し掛けるな」とか「早く死ね」などと罵声を浴びせるようです。一度は沸騰したヤカンを母に投げつけたこともあります。命中しなかったので火傷はしませんでしたが。本日も、母が散歩中に階段から転げ落ちたらしいとの電話をくれたことはありがたいのですが、一緒に病院に行くよう頼んでも拒否されてしまいました。理由は風邪を引いているし、一緒に歩くと腹が立つからとのこと。
今まで父の事をやってきてくれたこともありますし、仕事もせずに毎日リハビリに付き添っていたので貯金もないはずです。よって、ただでとは言いません。いくらかは出すつもりです。母にもそのような気持ちを持っていることは話しました。ただ、意志の強い姉は居座ろうとする可能性が高いので、何か強制力によってでないと動かないと思います。
相談できるような親戚も実家近くにはおらず、このような相談の文章を書くに至りました。
ここまで書いて、実際に、出て行ってもらうかどうかも、正直分かりません。ただ、何か姉よりも優位な立場に立って母への攻撃をやわらげられればそれで良いのかもしれません。何かアドバイスをいただけないでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、ご家族のことで大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 お話から、お姉様が、今まで一人で介護をしてきて

介護疲れ等による、精神的なダメージを受けている気も致します。

そう言う意味では、お姉様が気の休まるような環境を作って差し上げるのも

大事かもしれません。

 例えば、ヘルパーさんを多めにお願いするとか

デイサービスなどを、お母様に頻繁にご利用いただくなどです。

 現実問題から言えば、自分の家でもある、自宅からお姉様を追い出すことは

難しいと言えます。

引っ越し代を出して、新しい住居を世話しても、お仕事がなく収入が無ければ

難しい話です。

そう言う意味では、就職先をお世話してくれる誰かがいないと厳しい問題です。

ただ、そこは、お姉様の人生でもあるので、本人に考えてもらわないといけません。

 とは言え、介護等の観点から言えば、ご相談者様が、帰国されて

ご両親様に対する成年後見制度を家庭裁判所に申し立てて

ご自分で法定後見人等になるか、司法書士の先生などの専門職にご依頼すれば

お姉様の管理下からお母様は逃れることはできるので

問題は軽減する可能性はあります。

そう言う意味では、第三者である専門職後見人の方に入っていただければ

お姉様も簡単には、お母様と争うと言うことはできなくなると

思います。

そうなれば、ご相談者様が、不本意な帰国をされる予定だったのであれば

それも避けられるかもしれません。

 話は、変わりますが、お母様がお姉様からDV(家庭内暴力)を受けていると

言うことであれば、DVシェルターと言うのがあり、お母様をかくまってもらうことも

可能です。DVシェルターの場所は秘密で公開はされていませんので

お母様の身の安全は確保出来ます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

supertonton様


 


早速の回答ありがとうございます。どうも、法による力によって姉を家から追い出すことはできないようですね。勉強になりました。


一点だけ確認させてください。以下の専門職後見人とは具体的には司法書士の方々でしょうか。具体的な職名を知りたく存じます。候補として複数の職名があるのであれば2,3具体的職を教えていただけませんか。帰国後、それら専門職後見人となり得る方々を探し、相談に行くかも知れません。


 


「そう言う意味では、第三者である専門職後見人の方に入っていただければ」


 


 


匿名で申し訳ありません。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

現時点で、裁判所に名簿登載されている士業の団体は

メインは司法書士で、後は弁護士と社会福祉士が多いと思います。

弁護士は、財産が多い場合、社会福祉士は、生活保護の方とか

いろいろ棲み分けはあるようです。一般的には、司法書士と言う流れです。

 最近では、税理士も名簿登載されていて、こちらは相続税がかかりそうな

案件かもしれません。あまりまだ頼まれる方はいないようです。

他にも、行政書士や社会保険労務士も名簿登載待ちだと言われています。

これらの士業が専門職後見人です。

 行政書士の場合は、後見業務をするNPO法人に多いので

ご依頼されても問題はないでしょう。

 その他にも、市民後見人と言う、社会福祉協議会がサポートしているものも

あります。こちらは、被後見人が身寄りが無い人とかが多いですね。

 それと、当然、親族が親族後見人でされる場合も

後見監督人と言う裁判所が指定した専門職も付けることが可能です。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
満足したユーザー: 4406
経験: 中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    835
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    835
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問