JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

結婚相手の女性が一人っ子で、家を出て男性側の姓を名乗ることになる場合、女性側の家庭で結婚相手の男性以外と養子縁組をし

解決済みの質問:

結婚相手の女性が一人っ子で、家を出て男性側の姓を名乗ることになる場合、女性側の家庭で結婚相手の男性以外と養子縁組をして女性側の家庭を継がせることは可能ですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

確認させてください。

>女性側の家庭で結婚相手の男性以外と養子縁組をして女性側の家庭を継がせることは可能ですか?
という質問ですが、女性側の家庭を継がせるとは具体的にどういうことでしょうか?全ての財産を相続させることができるか、ということでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
家を出る長女に一部財産を残し、大半は養子に相続させるという形です。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

養子縁組した場合、その養子にも養親の財産を相続する権利がありま す。

よって、養子と家を出る娘さんに、それぞれ財産を相続させることができます。

しかし、養子と実子の相続分は均等です。ですから、法律で定められた相続分は半分ずつとなってしまいます。

質問者様の望んでおられる、「家を出る長女に一部財産を残し、大半は養子に相続させるという形」に財産を配分するためには、「遺言」を作成するしかありません。

財産を養子と娘さんにどういう配分で相続させる、という遺言を残せば、その遺言にしたがって相続されることになります。
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問