JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4802
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

彼女の夫は精神科勤務医で、毎日5時半に帰ってきて晩酌、そのまま酔いつぶれます。気に入らないと暴言や、殴ったり振り回す

解決済みの質問:

彼女の夫は精神科勤務医で、毎日5時半に帰ってきて晩酌、そのまま酔いつぶれます。気に入らないと暴言や、殴ったり振り回すなどの暴力をふるいます。「オレの建て た家だ、出て行け」と怒鳴り、同居する姑も「あら、まだいるの、いつ出て行くの」と同調。「1階は私が管理しているのだから、あなたは居るな」と追い出される始末です。彼女は2階の部屋で、毎日時間を過ごすだけです。
働くことも許してもらえず、財布も独身時代の貯金300万円も取り上げられました。週に1度の買い物で1週間のやりくりをしています。それでも「家事手抜きだらけ」「母親業務を年2、3日しかしていない失格」などとなじられます。酔うと家中追いかけ回して暴言を吐き続けます。逃げようとすると力ずくで押し戻します。
働かせてくれないなら、家事をするから、自由になるお金が欲しいと交渉しても拒否。言い分は「主婦が家事をするのは当然だし、お金も必要ない」と。彼女は生理用品すら買えません。
彼女は飲酒に逃げ、アルコール依存などで、主治医に「夫と姑から離れたほうがいい」と言われ、何度か入院しています。しかし主治医が「彼女がお酒をやめたのだから、旦那も止めた方がいい」と言われて夫は激怒。通院の交通費をくれなくなって、通院できなくなりました。
春には私が通報して警察が介入。彼女の身体の傷やあざの写真を撮り、「民事じゃなくて刑事で訴えるべき」と助言されました。先週は階段から突き落とされ、私が通報しましたが、警察は彼女の自宅に電話をかけただけ。姑は「嫁が勝手に落ち、息子に濡れ衣を着せている」と主張。姑が聞き耳を立てている前で、彼女は本当のことを言えませんでした。言えば姑が夫に報告、「サツにちくったな」と暴力が激化するのが目に見えています。全身痛むのですが、夫と姑は受診を強硬に拒否。「突き落とされたことを医師に言わない」条件で受診しましたが、肋骨が3カ所折れていました。痛みのため横になっていると、「姑ばかりに家事をさせるのか」とねちねち責められます。
最近は、私たち友人に被害がばれるのが嫌で「友達と付き合うな」と言ったり、携帯電話を取り上げようとします。家にパソコンもインターネットもありません。
ちなみに夫は、過去1度婚姻歴があり、1児をもうけましたが、暴力で1年で離婚。その後友人が結婚したのですが、第1子妊娠中に暴力で1度離婚しています。
法テラスは「月20万円の収入が確保できないと離婚できない」とあり得ない回答。法務局人権相談ダイヤルは「もう一度話しあってみて。協議離婚にしたら」とのんきな回答。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、ご友人のことで大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 お話から、かなり酷いご主人様と姑様だと思いますが

ご友人の彼女には離婚の意思がないのでしょうか?

お話の中では、妊娠中に1度離婚とありますが、復縁されたと言うことでしょうか?

精神科は、今の日本を反映して儲かる分野になっていますので

経済的には裕福な部分はあるのでしょうね。

 ただ、お話からは彼女は、奴隷か何かの扱いを受けていて人権無視も甚だしいですね。

 とは言え、彼女が離婚の意思等が無いと難しい案件ではあるのです。

今は、彼女本人が助けを求めない限り動けない部分は確かにございます。

結果的に離婚するとしても、まずは、今の現状からの脱出が先でしょう。

彼女のご両親様やご親族様はいらっしゃらないのでしょうか?

それとも、この事実を知らないのでしょうか。そうであればすぐにでも知らせるべきでしょう。

また、この手のDV等を受けている方は、DV自体が日常化して、変な意味で慣れっこに

なっていて、自分の現状に気が付かない方もいらっしゃいます。

 そう言う意味では、ご相談者様が手を差し伸べてあげる必要もございます。

DV等は、実際には、確たる証拠が無くても、疑わしきで通報をしても構いません。

対応が手遅れになることが怖いのです。相手のご主人様も放っておけば

さらにエスカレートする形になり、恐ろしいことにもなりかねません。

 変な意味でマインドコントロールされている場合もございますので

まずは、家から出すことです。警察にご事情を話して、DVシェルターに保護して

もらうことです。DVシェルターは、場所は秘密ですし、ご主人様が弁護士の先生を

雇われたとしても、場所を教えることはありません。

 そこでは仮名を使うなど、徹底的に個人情報が保護されます。

 警察沙汰は、大げさであると言うのであれば、市町村ごとの「婦人センター(女性センター)」に

ご相談されても良いでしょう。そこでも保護施設はございます。

いずれにしても、ご主人様から分離しないと次の段階に進まないでしょう。

 保護された時点で、家庭裁判所の調停となります。

基本的には、調停で離婚できると思いますし、離婚条件を慰謝料等含んで

まとめて行くことです。

家庭裁判所の調停では、相手のご主人様と会うこともございません。

早目に、動かれた方が良いでしょうが、ご不安であれば、弁護士の先生に

ご依頼されて、代理交渉等していただくことです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問