JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 499
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

結婚して4年の共稼ぎの夫婦です。主人が生活費を入れてくれなくて困っております。離婚の覚悟は私にはあるのですが、彼には

質問者の質問

結婚して4年の共稼ぎの夫婦です。主人が生活費を入れてくれなくて困っております。離婚の覚悟は私にはあるのですが、彼にはありません。(たぶん金銭的に苦しくなる のがイヤなんだと思います)給料は私のほうが多く、彼は「多いほうが払うのは当たり前」とのことですが、結婚当初は彼の方が多かったにもかかわらず、折半でした。現在住宅ローン返済中で権利は50・50ですが、こちらは毎月支払っています。
生活費を入れさせる、というよりも早く別居したいのですが、現在のマンションのローンを払いつつ、賃貸分を払うのは私にとってきついです。
どのようにしたらよろしいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 5 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

夫婦生活は、相互扶助の精神でなければいけません。また、婚姻後蓄財した財産は、共有財産となります。

あなたの夫がどのくらいため込んでいるのか、または、何かを買い込んでいるのか不明ですが、共有物であり共有財産です。離婚に至った場合、等分するのが原則です。

別居についてですが、離婚を見込んでの行動であるなら、住宅ローンの支払いを止めてみてはいかがでしょうか。そうすれば共有所有者である夫に請求が行きます。連帯保証人にも話が行く恐れがありますので、事情は話しておきましょう。離婚後マンションに住むつもりがなければ、持分の売却を夫に持ちかけてください。それを原資に賃貸分を支払うとともに、残債を圧縮することができます。

離婚に至った場合のマンションの取り扱いは、財産として受け取る方がローンを支払うことになります。

また、調停を申し立ててみて、夫に改心を促すことも試みてはいかがでしょうか。調停は離婚を前提としたものだけではありません。「夫婦円満調停」もあります。家庭裁判所を利用してみてはいかがでしょうか。金銭面の問題だけであれば、解決の道もあります。

質問者: 返答済み 5 年 前.


早速ご回答いただきましてありがとうございます。彼はそもそも私が働くことに反対しておりました。よって、現在家事その他は「専業主婦と同じようにすること」が条件ですので、すべて私が行っています。が、やはり出張や残業などもあり、専業と同様には行かないことも多々あることから私が多く支払うのは彼に精神的苦痛を与えていることへの慰謝料として当然、との認識です。よって、生活費を入れないことへの罪悪感はありません。


また、このような状態でだいぶ私も罵声を浴びせられた経緯もあり夜の夫婦生活は精神的に私が受け入れられない状態になっています。これを含み、「君も妻としての役目をはたしていないのだから、自分も生活費を入れる必要はない」というのが彼の言い分です。


住宅ローンは彼の会社では組めなかった??ので、私が筆頭人として組んでおり、彼は連帯債務者として毎月定額を私の口座に振り込み、私の口座から一括してローン返済しております。


離婚したら私も彼も住むつもりはありませんが、まず離婚におうじないでしょう。


また、離婚後蓄財した財産は共有というのもよく彼がいう言葉です。


彼はすでにお伝えしました通り毎月ローン以外の稼ぎ分はほとんど自分の趣味のために費やしています。


私はローン、生活費、他あまり金のかかル趣味がないため、ほとんど貯金ができています。


離婚したらその貯金を等分にわけるべき、と言われていますが、そうなのでしょうか?

専門家:  dai60962000 返答済み 5 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

夫の言うことは、一般常識的に筋が通っていないのではないでしょうか。妻(あなた)が専業主婦をしていないから、生活費を入れない。言い換えればあなたに収入があるから、生活費を入れない、ということになります。

夫婦は相互扶助の精神に基づいて、生活していかなければならないことになっています。

このような主張を展開しても、調停ではたしなめられるでしょう。

マンションは、あなたが支払者、夫が連帯保証人とはいっても共有物です。離婚してどちらかが住むのなら、その方が残債を支払うべきです。売却するなら、売却益を既支払い分に応じて分配することになります。

離婚の際には、夫が婚姻後個人的に蓄財している分は、共有財産として分配することになります。

質問者: 返答済み 5 年 前.


ご回答いただきありがとうございます。


離婚したらおっしゃるように分配になるのでしょうが、離婚するにはまだまだ時間がかかりそうなので(まず彼が納得しない)、しかしながら私のほうが我慢できずに取り急ぎ別居をしたいのです。ただ、月々のローンを支払いながら賃貸を借りるのは厳しいので、現段階でどのようにしたらよいかのご相談です。


また、彼が蓄財していることはありません。毎月の収入はローン支払い分以外は趣味に使用しています。


彼が言っているのは、私の貯蓄分のことで、それは婚姻後の給料であれば共有財産なので、当分に分配するといっています。


私は、彼は好き放題に使っていて、私は地道に貯金をし、それでも離婚時は私の貯金を当分に分けなければならないのか?を疑問に思っております。


 


わかりづらい質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

専門家:  dai60962000 返答済み 5 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

あなたは貯蓄しているのに、夫は散財しているということですね。

別居していなくても、離婚調停は申し立てることはできます。その場で、夫の収入とローンの額、残額の使い道等を調停委員に追及してもらった上で、もし、同じように生活費を使っていたら、という条件で、共有財産を算出してもらってはいかがでしょうか。現存財産では不公平です。そのあたりは、事情を説明すれば調停委員も話し合いに乗せてくれるでしょう。

同居のまま調停となると、家庭内別居という完全に冷え切った関係になると思いますが、別居が無理であれば、考えてみましょう。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問