JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

職場内で家庭のある男性Aと不倫をしていましたが、奥様Bにそのことを知られてしまったことが原因での相談になります。これ

解決済みの質問:

職場内で家庭のある男性Aと不倫をしていましたが、奥様Bにそのことを知られてしまったことが原因での相談になります。これまでの経緯を一通りお話ししたく、以下長文となりますことご容赦ください。
(なお、Bもまた職場内の人間です。AとBは総合職で全国転勤があり、私はエリア限定での事務職で、Bとは遠隔地です。AとBは東京にある会社の社宅に住所を置いていましたが、勤務地が異なるため、Aがこちらへ転勤する前から、Bとは別居状態が続いていました。)

4か月前、Bは不貞行為の事実を知ったのちに、同じ職場内にいることへの怒りから、私に退職の要求を迫ってきました。しかし、法律の専門家に相談をしてアドバイスされたためだとは思いますが、退職要求の撤回を電話にて伝えられ ました。
その後、AとBは離婚をするということで話を進めていますが、Bは今後子供(未就学児2名)をひとりで育てることが精神的に困難という理由から自らが退職し、Aに親権を渡すと言い、また、仕事上Aのみが仕事をしながら子育てをするのも困難ということをBは感じていて、私とAが結婚して子供を育てることが条件で親権をAに譲ると言っていました。これが発覚後1か月が経過したときの発言です。
もちろん、離婚後はAと私は結婚をし、子供も育てる覚悟でいましたし、Bの精神的損害の部分については、慰謝料請求にも応じるつもりでいました。

その1か月後、Bは新しい環境での慣らしということで、連休中にAに子供二人を預けるという試しを行いました。子供のうち一人は高熱を出しており、とてもそういうことができる状態ではないにも関わらず、その試しは行われました。離婚が成立する前だったため、私が介入するのはよくないとも思いながら、状況が状況だけに、Aを助けてやりたいと思う気持ちから、数時間子供の面倒をみました。
しかし、結果的に私が介入してきたことが、Bの怒りを再燃させてしまったらしく、ちっとも反省していない、親権は渡さないし、二人とも会社を辞めろと言いだしてきたのです。

そして、今月に入り、再びBより連絡が来て、年1回行われる会社の自己申告で私が退職の意思を示さなかったことに対して、電話にて怒りをぶつけられました。
その後メールにて以下の内容が送られてきました。

「特に反省の意志も、当然転職の意志もおありにならないことが明確になりましたので、こちらとしても意志確認ができました。ありがとうございました。こちらの自己申告票への記載内容も明確になりましたので助かりました。
つきましては、少し後の話にはなりますが、いろいろご相談させていただきたいので、ご実家の住所をお教え願えますでしょうか。こちらでお調べするのも可能ですが、失礼にあたるかと思いましてまずはお伺いしてみようかと思った次第です。また、各種書類をお送りさせていただこうかと思うのですが、さすがに会社にお送りするもの気が引けるものなので、ご自宅のご住所をお教え願えますでしょうか。
心配なさるといけないので申し上げておきますが、脅迫文等の類いではないのでご安心を。私も暇ではないですし、子供もある身なので。きちんと法的に有効なものしかお送りしませんのでご了承ください。
前者についてはあくまでも、(私)様本人とお話しさせていただいても、言葉がおつまりになるのか、あまり直接お話しするのは気分を害されるようでなかなかお気持ち等まで、私に伝えていただくのは困難であったため、パートナーもいらっしゃらない(私)様であれば、ご家族経由でお話ししていただく方がよいかと思ってのご相談なので、お手数であればこちらで調べますので拒否していただいても結構です。併せて主人の行為についても謝罪にあがりたいと思っておりますので。
後者については、会社にお送りしてもよろしければ(私)様宛でお送りいたしますのでそちらでも結構です。(ただ、内容証明郵便でのお送りなので少しお手間はとらせてしまうかと思いますが。)
以上、諸々お手すきの時にご回答いただければ幸いです。よろしくお願いします。」

この文面で感じられることは、あくまでも退職を「強要」しているわけではないという体で話を進めようとしていることです。「退職のお願い」をしてダメなら家族に話して、脅迫にならない程度に、退職の方向にもっていこうとしていることは目に見えています。
電話で話した時点で、今後慰謝料を払うことになれば、今すぐには退職できない旨伝えましたが、納得できないようで、私の実家の連絡先を調べ、実家に向かってまで私に制裁を加えたいのだなと思います。

もともと、Bは精神的に不安定な方のようで、ああ言ったと思えば、全く違うことを言い出し暴れたりするというのは前々からAからは聞いておりましたが、ここまでひどいとは思ってもみませんでした。

しかし、この行為に関しては、いくらなんでも許すことができませんが、どのように対応したらよいかわかりません。
法的に見て、私が拒否をして関係のない私の実家の住所を調べ上げると言っていること自体が法に触れないのか、実行された場合はどうなのか、このメール自体が脅迫にあたらないかなど、Bにはどのように対応すればよいか、お教えいただければ幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 お話から、相手の奥様も、もともとそう言う性格なのか、今回の件で精神的な

ダメージが大きかったのか、かなり精神的にも不安定なようです。

 ただ、ご相談者様も、これまでの経緯から、解決までは一筋縄ではいかないことは

充分ご理解されているものと思います。

 今回のケースでは、当事者同士では、どうしても感情的な問題となり埒があきませんので

いっそのこと、裁判所に調停を申立てるか、弁護士の先生にご依頼して代理交渉

していただく方が良いかもしれません。

 代理交渉等していただくメリットは、事務的にことを進められると言うことです。

親権の問題は、相手の男性とその奥様の問題なので、将来的にご相談者様に関わりが出て来そうでも

今は関わらない方が良いでしょう。

先方の奥様も、どういう対応をしようが、けちをつけようと言うお考えでしょう。

今回のお子様も病気の件も、関わっていなければ、子供のことを本気で考えていないから

安心して渡せないなど、どう転んでも非難するお気持ちだったのでしょう。

 そう言う、精神状態の人とまともにやりあったり

ご相談者様一人が対応をする必要はありません。

 そもそも、不貞行為自体は、共同不法行為の不真正連帯債務で

慰謝料はまとめて相手のご主人様が、ご相談者様の分も支払って構わないのです。

今回のような略奪愛的なケースですと、相手のご主人様とご相談者様合わせて

400万~500万円と言うケースが多いですね。これが2人分です。

額はお互いの資力にもより変化はございます。

 また、相手の奥様が、ご相談者様のご親族様の住所を調べると言うのは

無理があります。違法かどうかの問題は別として、それにより、誰かが

何らかの損害を被れば、損害賠償の対象にもなります。

 それと、当然、不貞行為は犯罪ではありません。単なる民事上の不法行為ですから

慰謝料のみでの解決が図られるべきで、会社を辞めろなんていうのは

脅迫罪や強要罪が成立する可能性もございます。

そう言う意味では、専門家に間に入っていただく方が話がスムーズに進むと思います。

また、先に相手のご夫妻様に離婚をしていただく流れでしょうね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございました。


ご回答にありましたとおり、一度専門家に相談してみようと思います。


しかし、当てもありませんので、どこかこういった類いの件を相談できるところをご存知でしたらご紹介いただけないでしょうか。


私は福島県在住です。よろしくお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

こちらのサイトでは、弁護士の先生を個別にご紹介することはできませんが

法テラスか福島県弁護士会か市役所の市民相談の弁護士の先生にご相談いただく手が

ございます。

相手が、精神的に参っているときほど、直接対決は危険です。

また言うことがころころ変わっても平気です。

客観的な対応が必要と言えます。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問