JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2274
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

私側の不貞行為(1回)により離婚することになった場合、子供は主人側にとられてしまうのでしょうか? 現在、パート勤務

解決済みの質問:

私側の不貞行為(1回)により離婚することになった場合、子供は主人側にとられてしまうのでしょうか?
現在、パート勤務ですが、離婚した場合、正社員として雇用してもらう事にきまっております。
子供は小学3年生。子供の意思は「母についていく」と言っております。
現在、家庭内別居の状態ですが、主人には罵倒され、ののしられ、精神的にまいっている状態です。

主人は、離婚には、応じない姿勢ですが、もし、離婚となった場合の子供の親権、同居は可能なのか、教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.

司法書士です。よろしくお願いします。

 

 

子どもの親権は、協議離婚(話し合いのもとに離婚する)の場合は、お互いに話し合って子どもの親権者を決めます。

 

話し合いによって、親権者を決めることができない場合、離婚調停や離婚訴訟において親権者を決めることになります。

 

その際に裁判所が親権者をどちらにするかを決める場合考慮されるのは、

・監護能力

・精神的・経済的家庭環境

・居住環境

・教育環境

・子どもに対する愛情の程度

・これまでの監護状況

・実家の資産

・親族の援助の可能性 が問題とされます。

 

また、子どもの意思も尊重されることになります。おおむね10歳前後以上であれば、どちらを親権者としてほしいかという意思を裁判所でも確認することになります。

 

また、不貞行為をした側が親権者になれないと思われている方が多いですが、そのようなことはありません。子どもの親権者としてふさわしいかどうかということが何より重要だからです。もちろん不貞行為をした結果、子どもの監護養育をないがしろにしたという事情があれば話は別です。

 

 

質問者様の場合、協議によって親権者を決めることは難しいですが、もし調停や裁判になって離婚した場合、ご主人の子どもに対する態度や、お子さんの意向を考えると、経済的な問題がないことから。親権者は質問者様が得られる可能性が非常に高いと考えられます。

質問者: 返答済み 5 年 前.


とても細かな回答ありがとうございまいした。


子供の親権がとれる可能性を聞いて、ホッとしています。


 


ところで、もう一つ質問があります。


主人は、私から慰謝料をとると言っていますが、可能なのでしょうか?


 


不貞行為のあった方とは、すでに関係はないのですが、この家庭内別居状態をつくり、離婚に追い込まれたのは、おまえの行動によるものだから、離婚になったときには請求すると言っています。


 


今の、この家庭の状況になった理由と、私が離婚を決意した理由は、


1・主人の暴言。


2・今まで、の主人の行動(酒癖の悪さ)


3・私に対する執着(盗聴・尾行・携帯のチェック・日記ののぞき見)


4・子供に対して傷つけることを平気でいう(お前は捨てられたんだそ等)


 


主人と、私の間で、離婚に至る理由の違いがあるようですが、それでも、主人の言うとおり、私に対して慰謝料を請求できるのでしょうか?


 


よろしくお願いします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.

>主人は、私から慰謝料をとると言っていますが、可能なのでしょうか?

 

質問者様は1回とはいえ不貞行為を行っているので、相手に「それが離婚の原因だ」と主張されてしまえば慰謝料の請求は正当なものとなってしまいます。

 

 

しかし、婚姻関係の破たん原因が別にある場合、その点も考慮されなければなりません。

 

質問者様のケースの場合、相手方の「暴言」「酒癖の悪さ」といったものも十分に婚姻関係の破たん原因になりますので、質問者様にも相手に対して離婚に伴う慰謝料を請求することができます。

 

結局のところ、こういった場合は、どちらの原因で婚姻関係が破たんしたかが争いになります。しかし、これは互いに協議しただけでは解決することはないので、裁判所の判断にゆだねることになるでしょう。

 

 

話をお伺いする限り、質問者様だけが慰謝料を払わなければならないわけではないので、安易に支払わないほうがいいでしょう。

shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問