JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

会社代表で。年収2000万。50歳過ぎに、再婚し子供が1人います、今離婚の事で話し合いをしています、年収分の養育費は

解決済みの質問:

会社代表で。年収2000万。50歳過ぎに、再婚し子供が1人います、今離婚の事で話し合いをしています、年収分の養育費は、一覧表では18万から20万となっていますが、体調が良くなく今は支払い出来ますが、65歳からは年金生活に入ろうと思っています、それでも養育費は20万支払ないといけないのですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
こんにちは、司法書士です。よろしくお願いします。


養育費の分担費用は、家庭裁 判所の養育費算定表に基づいて支払いをすることが多いですが、これは収入が減ったり仕事をリストラされたりするなどの「事情の変更」があった場合には費用の減額を求めることができます。


質問者様の今の収入では、養育費を18万円から20万円を負担する必要があるかもしれませんが、年金生活になった場合にはそれほどの収入はないでしょうから、収入が減った時点で家庭裁判所に養育費の減額請求の調停を申し立てをしましょう。
調停で収入に合った養育費に調整してくれるでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問