JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4961
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

家庭内別居中の夫が 三ヶ月前位から、生活費カードの引き落としをしなくなりました 現金は受け取っていません 私は昼に夜に働いていますが、夫はサーフィンや海外旅行 婚姻費用分担請

ユーザー評価:

家庭内別居中の夫が 三ヶ月前位から、生活費カードの引き落としをしなくなりました
現金は受け取っていません
私は昼に夜に働いていますが、夫はサーフィンや海外旅行
婚姻費用分担請求を家裁に提出しました
注意することなどありますか
よろしくお願いします
子供は 20才、18才、16才、13才
夫は自営業です

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 お話から、家庭内での別居で、実際の別居はされて無いということですね。

ご相談者様が主に働いて、ご主人様は、自営業で遊んでばかりいると

言うことでしょうか?

 まず、家庭内別居の場合は、実際の別居とは違い、家賃等の生活費が

多めにかからないと言うことで、調停では減額の対象となります。

 婚姻費用の算定は、前年度のご夫妻の年収と、お子様の年齢と人数から算定表で決まります。

また、収入が多い方が、少ない方に渡すので、場合によっては

ご相談者様が、ご主人様に支払わないといけない場合がございます。

自営業の場合は、経費で収入をいろいろ抑えることができるので

算定が難しい場合もございますが、実態で見て、経費で遊んでいるようなら

それも収入と考えてもらうなどが必要でしょう。

 基本的には、家計簿等で、どれだけの支出があるかで

判断されると思いますから、家計簿がポイントにもなりますので

できればまとめておきましょう。

 家庭裁判所の調停では、いろいろ前述したしばりもございますから

実際には、婚姻費用を含めた別居中の公正証書を作成した方が良いかもしれません。

公正証書は民事法務専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問