JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4908
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

日本で結婚し現在アメリカに住んでいる夫婦が離婚する場合、離婚手続きは日本かアメリカかどちらでするべきなのでしょうか?

解決済みの質問:

日本で結婚し現在アメリカに住んでいる夫婦が離婚する場合、離婚手続きは日本かアメリカかどちらでするべきなのでしょうか?どちらが有利、又は都合が良いのでしょうか?


夫婦は日本人同士で、結婚歴16年、子供一人です。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 アメリカで永住権か何かがあるのでしょうか?

基本的に、アメリカでは、日本のような戸籍も無いですし、協議離婚も無いと思います。

そのため、日本で先に、離婚をする場合に、協議離婚では面倒になります。

最低でも、家庭裁判所の調停で調停離婚をしていないとアメリカ方式では

認められません。

 一度、日本に帰国されて調停を起こす手もあるかもしれませんが

要は、離婚されて日本に帰国するかどうかで、日本での立場を良くする必要が

あるか考えます。

 大きな問題としては、日本は離婚後は共同親権では無いということです。

アメリカ式の裁判離婚をして、日本には大使館や領事館に離婚の届だけすると言う手もあります。

戸籍の変更も必要になります。この場合は、確か期限が設定されていたはずです。

アメリカの裁判離婚は、基本的には弁護士にご依頼することになります。

基本的には、財産分与は、日本よりも厳格に折半になると思います。

日本は民事は緩い感じに決められます。

 ご相談者様が日本に帰国されるかの問題と

お子様の親権の問題を考えて、どちらを先にするかの選択になるでしょう。

お子様と日本に帰国となると、アメリカ式だとトラブルもあります。

先に、日本で調停離婚で条件を決めて、それをアメリカの裁判所に

認めさせるのもあると思います。

要はどちらにしても、裁判所がらみの離婚であれば問題は無いと言うことです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございます。重ねて質問させていただきます。

永住権は持っており、離婚後も子供と共に米国に住むつもりです。親権は私が持つ事に相手側が反対することはないと思います。

財産というほどの大きな物はないので、分与はあまり関係ないかと思われますが、養育費や生活費を援助してもらうことが大きなポイントになります。相手もずっと米国に住むでしょうし、もし、日本で手続きをして養育費等を毎月請求する事は可能なのでしょうか?

例えば、相手側が養育費支払いの期日を守らなかった場合、日本で調停離婚をし

て、アメリカで強制執行を要求する事は出来るのですか?

 

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

米国の場合は、州によっても法律が異なるようですので

お住まいの州の弁護士にご確認していただいた方が良いでしょう。

 基本はJoint custody(共同親権)のようです。

solo custody(単独親権)は、あまり無いような話です。

 そう言う意味で、日本の調停離婚で、単独親権にして

それを、アメリカの裁判所に決定事項として出すと言う流れはあるようです。

また、財産分与は、日本もアメリカも基本は折半です。

養育費は日本の場合は、ご夫妻の前年度の収入と、お子様の年齢と人数で

算定表で決まっています。大卒までの支払いが一般的です。

 アメリカには州のガイドラインがあり、収入の何%みたいな形で決まって

いますが、生活補助費と合わせて裁判官が決めるようです。

アメリカの養育費は18歳までが多いようです。

 どちらが得になるかはわかりませんが、州の弁護士に確認して

日本の方が良さそうであれば、日本で調停離婚で決めると良いと思います。

 強制執行は、どちらかが日本国内在住でないと厳しいでしょうね。

アメリカは日本以上に養育費の未払いが多いと聞きます。

アメリカにずっといらっしゃるなら、アメリカの法律できちんと契約した方が

良いかもしれません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答を有り難うございました。返答が遅くなりまして大変申し訳ありません。


あと二つほどお聞きしたい質問がございます。


アメリカで離婚手続きをした場合、日本国内の自分名義の預金も財産分与の対象となるのでしょうか?


 


また、日本で調停離婚では、相手に不貞があった場合は相手が不利になるのでしょうか?(アメリカでは(特に私の州では)片方に不貞があっても財産分与は折半だと聞きます。)そして、それを証明する材料はどの位具体的に必要になるのでしょうか?また、証拠が多い程こちらが有利になるのでしょうか?それとも不貞の証拠はあまり関係ないのでしょうか?


 


お忙しいところ、次々といろいろお聞きして申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。


 

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

順番にわかる範囲でご回答致します。

1、アメリカでの判断もあるかもしれませんが

日本では、名義がどちらでも婚姻中に形成されたものは共有財産となります。

もともともっていたものや、相続財産などは、固有の財産として対象にはなりません。

 単に、海外に口座を持てば、財産分与の対象にならないということは

一般的にはアメリカでもあり得ないかもしれません。

 とは言え、財産があるかどうかは、本人の自己申告に頼らいないといけない部分は

あります。日本でも、別居などするとわからなくなっているのはあります。

2、不貞行為と財産分与の関連性は無いとは言えますが

財産分与とは別に慰謝料請求をするので、結局は財産分与にならない場合も

ございます。

 日本では、以前よりも、証拠能力において、デジタル関係が認められるようになり

携帯電話のメールでも裁判上の証拠にどんどんなっている現状です。

何らかの証拠は集めておきたいですね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問