JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お尋ねします。 先日合議離婚をしたばかりの者です。 国際結婚でして(私は韓国人です)価値観や性格、習慣の違いで離

質問者の質問

お尋ねします。
先日合議離婚をしたばかりの者です。
国際結婚でして(私は韓国人です)価値観や性格、習慣の違いで離婚しました。
離婚届は既に 提出済みなので受理されてる状況です。
但し、離婚届を出す前に口頭で約束した子供との面接を定期的に行う約束が今は子供が幼いということで精神面に影響されると言うことで会わせることを守ってもらえない状況です。
子供は今年12月になると4歳になる男の子です。
私としては今の内に度々会って父親としての責任を果たせたいし、父親の存在を子供にわからせて置きたい気持ちです。
あまりにも母親が子供を私から離して置きたかってるのでこう言う場合はどう対応すれば良いのでしょうか。
はやり家庭裁判所に申し込んで第三者を踏まえて話し合い決めっていくことが必要でしょうか。
お手数掛けますがご返事宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず、お話からご相談者様が、ご主人様(父親)で韓国籍と言うことですね。

ここでは、関係ないかもしれませんが、離婚による在留資格には影響はないですか?

日本の場合は、協議離婚(夫婦の合意だけで裁判をしないもの)が認められていますが

協議離婚の問題点は、離婚後のトラブル防止のために、口約束だけではなく

離婚条件をいろいろ決めて離婚協議書を公正証書で作成しておく必要があることです。

今回は口約束だけと言うことで、現実問題としてトラブルが起きてしまったと言えます。

 面会交流は、父親としての権利ですので、しっかり主張しましょう。

最初に、内容証明等で、面会交流の要請をします。応じれば、今からでも

離婚協議書を公正証書で作成した方が良いと思います。

応じない場合は、家庭裁判所の調停を申立てると主張されると良いでしょう。

 内容証明等の作成は、民事法務手続専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。

 仮に、家庭裁判所の調停になった場合、最低月1回は会せるように指示されます。

正当な理由がなく、面会交流を拒否すれば、慰謝料請求の対象にもなります。

判例では、500万円が認められたこともございます。

 今回のケースでは、面会交流を拒否する正当な理由とは言えないでしょう。

日本の場合は、欧米と違い、離婚した相手に子供を会わせたくないと考える親が

多いように思えますが、ただ、、あまりにも意味も無く拒否するのであれば

新しい男性の影があるとも言えます。新しい父親ができるので、そちらに

慣らせたいと言うのはあります。そこは相手の状況も調べても良いかもしれません。

 とにかく、話し合いに応じなければ調停です。

調停は、費用は数千円ですし、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。

頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問