JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

父が他界し、一緒に住んでいた母(籍を抜いているので内縁の妻)が父の貯金の口座から、葬式の費用の為、出金しました。父に

質問者の質問

父が他界し、一緒に住んでいた母(籍を抜いているので内縁の妻)が父の貯金の口座から、葬式の費用の為、出金しました。父には多額の借金がありそうで、財産相続放棄を考えていたのですが、この行為が財産相続放棄無効につながりますでしょうか?母は財産相続権はないと思うので、長男の私が父の口座から出金した(すなわち財産相続放棄ができなくなる)ことになってしまうのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
はじめまして、弁護士です。

相続人が相続財産の一部を処分することによって単純承認となってしまう(民法第921条第1号)の問題です。

なぜ、使った後に放棄できなくなるかというと、
使える金は使ったのに、債務は負いたくないという不誠実な相続人に放棄をさせないためです。
そうすると、葬儀代というのはやむを得ない出費ですから、それを使って相続放棄をしても、とりわけ不誠実というわけではありません。
したがいまして、贅沢を尽くした葬儀と言えなければ、葬式代を支出したことによって相続放棄できなくなるということはないでしょう。

ちなみに、同内容の高裁判例があります。最高裁はありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.


そうしますと、仮に内縁の妻の母が理由もなく口座に手をつけてしまった場合は、長男の私(相続者が手をつけた)ことになってしまい、財産相続放棄できなくなってしまうのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
そのようなことはないです。
質問者様が使ったわけではないのですから、他人の行為の責任まで負うことにはなりません。
その場合、使ったのは内縁の妻であって、質問者様ではありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

その場合は、母以外が相続放棄をした場合、内縁の妻の母が、債務を背負うことにはならないのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
なりません。

内縁の母は、相続人ではないのですから、亡父の債務を負うことはないです。
相続人でない者が、単純承認などできないのです。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました!

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
葬儀代を使ったのは質問者様でも、単純承認にならない。

内縁の妻は相続人ではないので、債務を負うことはないです。

誰がお金を使ったのか、という点は明確にしておきましょう。

逝去後で大変だと思いますが、乗り切ってください。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問