JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

jo-banに今すぐ質問する

jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

こんにちは。私は不倫をした有責配偶者です。現在子供が2人おります。 相手は婚姻5年程度、子供おりません。その妻と私

解決済みの質問:

こんにちは。私は不倫をした有責配偶者です。現在子供が2人おります。
相手は婚姻5年程度、子供おりません。その妻と私は不倫関係となりました 。

一度その旦那には事件発覚し、話し合いにて10万円の慰謝料お支払いして、示談成立しました。
その後また同じ形で、不倫関係におちてしまいました。
そしてまた事件が発覚してしまいました。

証拠もすべて抑えられております。不倫期間は3ヶ月程度です。もちろん肉体関係も頻繁にあり、既婚ということもお互い知っております。

謝罪は2度いたしました。この不倫で相手は離婚になりました。
そして、現在200万円の慰謝料を請求(口頭ですが)されております。

額が妥当かどうかわかりません。
私が悪いのは事実ですが、謝罪に行った時には、念書をかかされ、それを持ち顔写真まで撮られました。

近所の弁護士の先生に相談に行ったところ、「そのくらいは当たり前にされますよ、よくある話です」とのことでした。
訴訟をして、弁護士費用を払ってでも減額できるなら、訴訟にと思っています。

それとも素直に公正証書にて応じるべきでしょうか?

よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。こんにちは。

回答の前に情報をください。

1 相手夫婦の関係は良好でしたか?

2 念書の内容を教えてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.


こんばんは。


3月に一度不倫関係になりました。


当時、旦那は無職で夫婦関係はあまりうまくはいってないようでした。


この事実は一度だけの肉体関係で、彼女の携帯メールにて発覚しました。


 


そしてそれを機に別居に至りました。そこでまた彼女と再開しました。


彼女は離婚を前提とした別居と言っておりましたが、最近では夫の就職活動のための別居だと言っています。


 


こちらにはレコーダー等証拠は一切ありませんので、向こうの元夫婦にて口裏を合わせられると弱者です。


 


再開後、夫が家に戻りPCのチャットにて、またまた事件が発覚しました。


その内容を保存し、事細かく念書に記載して、書いておりすぐに確認できるような状況ではございませんでした。


 


謝罪は、夫の姉の住むマンションでの話し合いでした。


待ち合わせ場所は本屋で、直ちに印鑑を購入するよう言われました。


マンションに向かい、色々な事を言われ、謝罪をしました。


そこで念書を確認することと、署名、押印を迫られました。


 


免許証を提示させられ、写真を撮ると言われましたが、なんとかお断りしました。


すると念書をもったまま、顔と念書を同時に映るよう写真を撮られました。


 


その後も録音はしてないから、自分の口から悪い事をしたと言えと言われ、言いました。脅迫は一切ないと言えとまで言われました。


 


後日すべて録音している。自分の言った事忘れるな。と言われました。


まだ謝罪に来いと言われます。


 


このような感じでございますが、よろしくお願いいたします。


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
なるほど。

相手の夫婦仲が悪かったことが言えれば、慰謝料の減額は可能です(うまくいけば0円も可能です)。

念書の内容を確認する余裕がなかったとのことですが、念書の文言が重要です。

念書に
「200万円の支払い義務があることを認める。」といった内容ですと、厳しいです。
他に
「不倫をしたことを認めます。」といった内容であれば、直ちに200万円の支払い義務を認めることにはつながりませんので、争えそうです。

相手は不倫行為の被害者(質問者様には申し訳ないですが、このように表現させていただきます。)ですが、少しやり過ぎているように思います。
特に、

その後も録音はしてないから、自分の口から悪い事をしたと言えと言われ、言いました。脅迫は一切ないと言えとまで言われました。

という部分です。

脅迫がなされているわけです。

 

私が弁護士としてアドバイスするのであれば、相手は知識がないために、やや暴走している節がありますので、そこを突きます。

具体的には、今度謝罪に行ったときに、質問者様側にも録音していただきます。

そこで、会話の中でうまく相手が質問者様を脅迫している内容を録音します。支払いは「ちょっと考えているところです。」などとうまくごまかしてもらいます。

脅迫の様子さえ録音できれば、

「あなたのしたことは犯罪です。←(多少おおげさでも構いません。)」「脅迫によって書かされた念書は無効です。」などと反論材料ができます。

 

そして、減額交渉に持って行きます。

 

あとは、相手が強引な手法をとってきているので、誰かに立ち会ってもらうなどした方がよさそうです。これ以上、念書などを書かされてしまっては、とんでもない債務を負わされかねません。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答頂きありがとうございます。


 


念書については、請求金額に依存なく支払うという内容になっております。


ですので、減額は難しいのかと思っております。


 


あと相手方の婚姻関係の状況ですが、仲があまり良くいっていないが悪くもないという曖昧な状況です。


彼女の方は働かない夫に嫌気がさしていたそうですが、彼女もこれから請求される方ですので、旦那の味方をすると考えられます。


 


これは相手方の旦那から、「あんたの請求が終わったら元嫁だから」という話からわかったことです。


 


ちなみに近くの弁護士に相談しましたが、相場はあってないようなもの。


あとはあなたが決めるだけですと言われました。


 


訴訟になって、1年や2年という歳月をかけて遠くにある裁判所に通ってまで戦うのか?それとも相手方の言いなりに従うかです。


という話でした。


 


ちなみにもう謝罪にいくつもりもありません。これは間違っていますでしょうか?


 


公正証書にて200万円支払うべきか、訴訟になるように持っていくのか、どうしたら良いのか本当にわかりません。


 


度々で申し訳ございませんが、アドバイスのほどよろしくお願いいたします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
お返事の中に、認識が誤っている部分があります。

>彼女もこれから請求される方ですので、旦那の味方をすると考えられます。

これは相手方の旦那から、「あんたの請求が終わったら元嫁だから」という話からわかったことです。

 

これは全く逆です。

仮にですが、質問者様が200万円の支払い義務を負うことになった場合、

元嫁も200万円の支払い義務を負うのです。

ですから、元嫁としては質問者様の味方をした方が得なのです。

つまり、元嫁としては「もともと夫婦仲が悪かったので、不倫によって慰謝料の支払い義務はないはずだ」といえば、元嫁自身も質問者様自身の慰謝料支払い義務を免れるのです。

 

どうやら誤解があるようですから、相手女性を質問者様に味方するよう求めてはいかがでしょうか。

 

 

>念書については、請求金額に依存なく支払うという内容になっております。

ですので、減額は難しいのかと思っております。

これも絶対にそう、というわけではありません。
極端にいえば、10億円といっても異存がないかといったら、そうではないわけですよね。
このように、額を決めないで、異存ありませんという内容の書面は、確実に有効なわけではありません。むしろ、そういう内容の書面にサインをしたということは、脅されていたのではないか?ということさえ、推認させる場合さえあります。


私もその弁護士の意見に同意です。
支払い義務があることはやむを得ないことです。それをどう解決するのか、という問題です。

むやみに謝罪に行くことはないですね。
どうせ謝罪に行っても、相手は感情的になっているでしょうから、解決したり許してくれるわけではなさそうです。そういった可能性がある相手であれば謝罪に行くべきでしょうけれども、現状では理不尽な要求をされるだけのように思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

こちらの妻から相手方の妻には、慰謝料の請求し示談し解決しました。


そしてもう連絡をとらないという誓約しましたので、わたしからのお願いはできませんし、以前うちの妻が聞いたところ、公にしたくない。裁判で旦那の家族に会うのも嫌だという事でした。


 


ですので、訴訟になりいろんな人が迷惑かかると思うと、こちらから強くは言えません。


でもその金額はちょっと多すぎるのかと思います。


 


ちなみに訴訟する事で減額は可能性ありでしょうか?


うちの妻も支払いをして、関係を絶った方がいいと言っておりますが。


 


何とか減額の予知があればとおもいます。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
訴訟で減額はあり得ます。

おそらく質問者様の性格と、相手の性格の違いなのだと思いますが、
相手の言い分をそのまま受け入れてしまっているような節があります。
本件は、何百万というお金がかかわる案件ですから、争う姿勢を見せないと、
今後もどんどんつけ込まれます。
今のところは、質問者様の優しい性格が災いとなってしまっています。
私は今後も続いてしまうことが心配です。
裁判をするなら弁護士をつけた方がいいと思います。

それから、訴訟で弁護士を立てれば、裁判所に行く必要はありませんから、
会うおそれもほとんどありません。
仮にあったとしても1回会うかどうかというところです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


訴訟になると自分が法定に立ち証言をするものと思っておりました。


 


そして相手の家族、こちらの家族みんなが見ている前で裁判が行われると思っておりました。


TVでのイメージが強かったのかと思います。


 


弁護士も立てるのが当たり前だと思い、訴訟になれば弁護士の先生にお願いするつもりでした。


 


では今後は調停がまず始まり、自分が欠席して訴訟を向こうからおこしてもらうという形でもって行けば良いのでしょうか?


 


弁護士依頼のタイミングはいつ頃が妥当でしょうか?


今の先生のお話を聞き、訴訟で裁判所に自分がいくこともなく、相手ともあわないのであれば、そちらで行きたいと思っております。


 


多少費用がかかっても、200万を素直に支払うよりもいいかと考えます。


宜しくお願いいたします。


 


そしてまた明日ご質問させて頂きたく思います。


もう少しの間、アドバイスいただけますと幸いです。


 


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
>訴訟になると自分が法定に立ち証言をするものと思っておりました。

通常ですと、法廷に行くのは最後の方の1回です。
そうなる前に解決することも多くあります。


>そして相手の家族、こちらの家族みんなが見ている前で裁判が行われると思っておりました。

裁判をしていることを黙っていればわかりません。
ただ、ご家族が裁判の日を知って、傍聴に来るというのであれば、それは防げません。

とはいえ、主に額面の話し合いをするのでしたら、
非公開の手続きで進められる可能性もあります。
それでしたら、誰にも見られることはありません。


>では今後は調停がまず始まり、自分が欠席して訴訟を向こうからおこしてもらうという形でもって行けば良いのでしょうか?

質問者様は支払う立場ですから、こちらから手続きをとる立場ではありません。
ご認識のとおりでよろしいかと存じます。


>弁護士依頼のタイミングはいつ頃が妥当でしょうか?

弁護士としては早い方が助かります。
不利な状況ができあがった後ですと、覆せないことがあります。
質問者: 返答済み 4 年 前.


おはようございます。


 


では本日中に電話で連絡するよう言われておりますので、相手方には減額に応じていただけないようでしたらと、この先は書面にて告知くださいという旨伝えて終わりという事でよろしいでしょうか?


 


そしてその後の手続は、相手方の管轄の付近での弁護士依頼すればよろしいでしょうか?


 


そして最後にこれからの流れを、簡単で結構ですので、教えて下さい。


依頼した弁護士に聞くのが妥当かと思いますが、参考程度知っておきたいとおもいますので、よろしくお願いいたします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
>では本日中に電話で連絡するよう言われておりますので、相手方には減額に応じていただけないようでしたらと、この先は書面にて告知くださいという旨伝えて終わりという事でよろしいでしょうか?

よろしいかと思います。
可能であれば、電話は録音してください。
電話で脅迫された場合に、有利な証拠となります。


>そしてその後の手続は、相手方の管轄の付近での弁護士依頼すればよろしいでしょうか?

相手の管轄付近である必要はありません。
質問者様のお近くの弁護士でも問題ありません。


>そして最後にこれからの流れを、簡単で結構ですので、教えて下さい。

すでに回答したとおり、質問者様は訴えられる側ですから、
積極的にアクションを起こす側ではありません。

(相手が調停申し立て)→解決
              →調停で解決しない→訴訟→主張反論の繰り返し→和解の検討。
ここで、和解が成立しない場合には、法廷で尋問。その後、和解を再び検討。和解成立しなければ判決。
和解というのは、金額や分割払いの方法について話し合うことになるでしょう。

相手が法的手続きに出なければ、特に動く必要はありません。ただ、脅迫が続くようであればそれは証拠化しておきましょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.


なるほど。


 


>和解が成立しない場合には、法廷で尋問。


となっておりますが、こちらは私が出席する事となるのでしょうか?この時は当人以外は(弁護士以外)見たり聞いたりするのでしょうか?


 


不倫期間の内容等は法廷で、自白などする事があるのでしょうか?


 


そしてこの期間にどのような事があれば、慰謝料200万円という金額請求できるのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
本来は、1質問につき1回の料金ですので、ご注意ください。
返信は回答に不明な点があった場合のみです。
今回は1回の質問の料金の範囲内ですが、他の回答者とのバランスが悪くなってしまいます。

>こちらは私が出席する事となるのでしょうか?この時は当人以外は(弁護士以外)見たり聞いたりするのでしょうか?

質問者様が出席します。
公開の法廷で行われますので、誰かがいる可能性もあります。
ただし、有名な事件というわけではないので、0人ということも珍しくないです。


>不倫期間の内容等は法廷で、自白などする事があるのでしょうか?

ウソをつくわけにはいきませんから、質問されたら答えることになります。


>そしてこの期間にどのような事があれば、慰謝料200万円という金額請求できるのでしょうか?

大きく作用するのは、性行為です。
要は、結婚生活にダメージを与えるような行為です。
jo-ban, 弁護士
満足したユーザー: 2613
経験: 慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    210
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問