JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

dai60962000に今すぐ質問する

dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 471
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

夫52歳 公務員 私48歳 契約社員 息子大学生21歳と高校3年18歳持家夫8私2の共有名義でローン支払い中

解決済みの質問:

夫52歳 公務員 私48歳 契約社員 息子大学生21歳と高校3年18歳 持家夫8私2の共有名義でローン支払い中 夫の高圧的態度と性的なDVでストレスによるメニエール症候群発症後繰り返すので、耳鼻科より心療内科に紹介治療中、不眠と抗うつ状態で治療中、仕事は普通に できる。 家庭にいて夫の理屈っぽい話や性的な要求で過呼吸の発作もでる。 家事は掃除片づけが苦手で部屋が汚いといつも怒られる。料理洗濯は普通にやっている。朝早い夫には合わせられず朝食を作ることができず、パンで済ませてもらう。 医者には体調不良の原因は夫であると言われている。 離婚はしなくてもいいが、別居をしたい。でなければ薬の減薬ができそうもない。妻のほうが家を出ると家事放棄になると聞いたが、不利にならないように離れて暮らすことはできなだろうか。自分ひとりで暮らすことは自分の給料でできるので、夫からの援助はいらない。子どもも自立する年齢なので、子どもが高校を卒業するタイミングで別居をしたいと思う。以前夫婦生活を拒絶したときに夫婦でいる意味がないと夫にいわれている。かなり粘着質なので、あることないことあのときこういったああいったという内容をメモしていた時代があった。現在は不明。私は性格的に日記のようなものはつけられないが、睡眠導入剤を飲んで寝ているときに朝起きたら下半身だけ何かされた形跡が残っていたことなどは病院で話している。


なんとか不利にならないでとりあえず別居する方法はないだろうか。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

医者を診断書を書く場合、病気の症状と病名、治癒までの期間を書きますが、何が原因であるかは書きません。ただ、診察の内容から、原因は夫との生活にあることが告げられているのであれば、体調を回復するためには別居が必要となります。

別居するにあたって、特に有利・不利ははありません。あなたが考える「不利」とはなんでしょうか。離婚の際の条件でしょうか。それとも親権、慰謝料などでしょうか。慰謝料は、病気の原因が夫であることを立証すれば問題ありません。親権は、よほどの理由がない限り、母親側になります。夫の日記ですが、あなたにやましいところがなければ、気にすることはありません。

別居ををして、子供とともに生活する場合、生活費が足りなければ夫に要求することもできます。

精神疾患は、環境や状況が同じであると、症状が進行していきます。早めの対処が必要と考えます。

 

 

dai60962000, 行政書士
満足したユーザー: 471
経験: 市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。
私のいう不利というのは逆に夫のほうから私が家を出たことや、家事を放棄したとか、夫の判断基準による家事をこなしていないとか、そういった内容で私のほうに逆に慰謝料のようなものを請求してくるのではないかということです。このような事態を一番避けたいのです。


子どもは18歳過ぎれば自分の人生は自分で判断してほしいと思っているので親権について要求する気はありません。子どもたちも夫の横柄な態度に長男は逆に相手にしていませんし、次男も夫が共有スペースのリビングにくると自分の部屋に行き 、誰も夫の相手はしません。そんな夫の元に子どもを置いて家を出たいと考えることはとても辛いことではあるのですが、離婚まで考えていないのはそういった慰謝料とか財産分与とかそういった話で戦う気力がないからです。とにかく仕事から家に帰る時間が一番つらく、気が重くなって家に帰りたくなくなります。今は効く薬がやっと見つかりこのようなサイトを見つけてPCで打ち込むという気力がでてきたところです。


夫婦生活をしたくない理由について記録に残したいと夫からメールが来て、心療内科の先生とも相談して、夫のプライドを刺激しないように、私の気持ちと事実を中心に(酔った夫に乱暴されて中絶したことや、睡眠導入剤を飲んだあとは意識がなくなるのでなにかしないでくれといったのに下半身裸にしてなにかされたことが恐怖だった)ことをこちらもメールで返しました。これが証拠になるのでしょうか。中絶は今から6年くらい前のことで病院に記録が残っているかはわかりませんが、証拠というはどういうものが認められるのか。


ストレスのない人間なんていないので、夫自身も私によって不愉快な思いをしているのでお互いさまで、自分だけ被害者面をするなということも言われたことがあり、うつ病=甘え、怠けとだと思い込む典型的な人間です。でもそのメールを返したあとからは夫婦生活は一切ありません。一応その約束は守ってくれているようですが、いつ破られるかという恐怖はありますが、メールが残っているのでこれは守ってくれるのではないと思います。逆にこのことで自分のほうが正しいと言いかねない人です。


次男が高校卒業する来年3月に向け、次男の就職が無事決まったら(試験は9月下旬なので結果がどうなるかわかりませんが)まず私は住むところを探すべきなのか、それより前に夫に別居したいということを告げるのが先なのか。


これから夫を納得させ、もめずに別居ができれば一番いいのですが(納得させる自信は全くありません)、納得させるためにはどのような証拠を用意し、夫から反撃が来た場合はやはり専門家を代理人にして対応するしかないのでしょうか。

専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

返信ありがとうございます。

まず、慰謝料がご心配のようですね。お話の様子では、病気で家事ができない原因を作っているのは夫側ですし、別居していても夫婦間で慰謝料のやり取りは発生しません。

離婚に至った場合、意識喪失中の性的暴行(性的DV)による疾病について、逆に慰謝料を請求できる立場になります。

とにかく、好都合の「時期」がやってくるのですから、それを機に別居されてはいかがでしょうか。別居する際、夫の承諾を得る必要はありません。住居を用意しておいて、一気に引っ越しをしてしまうのです。

ただ、それでは、住居に押しかけられたとき、不法侵入に問えないので、同時に家庭裁判所に保護請求を出しましょう。住居の用意ができなければ、婦人相談所に保護を求めてもよいでしょう。

いつまでも我慢している必要はありません。下準備をしておいて、行動をおこしましょう。

なお、病院の診断書の保管期限は5年となっていますが、ほとんどの場合、それ以上の期間保管されています。(電子カルテへの切り替えがあると、5年以上のものが廃棄されている場合があります)

質問者: 返答済み 4 年 前.

何度もご回答いただきありがとうございます。


 


私が懸念しているのは20年ほど前、姉が夫の浮気にショックを受け、家出をした際に、友人の家や、ホテルに泊まった場合、家事放棄と取 られるので自分の家以外では実家以外には行ってはならないと当時の弁護士さんかどうかはわかりませんが、専門家の方にそのようなアドバイスを受け、当時はまだ母も健在だったので、母のところに身を寄せていました。このときは夫側が100%悪いにかかわらず、妻は家をでたら夫に有利になるという話で、それが私の中にずっとあるのですが、そもそもそれが間違いなのか今は変わっているのか?そこの解釈が一番私の気になるところです。


 


治療のために一度別居して、治療を優先したいんだと言ってすんなり納得してくれれば一番いいんですが。


 


夫は証拠が残るようなことは一切しません。一度激昂させ、服をつかまれ首を絞められかけましたが、服の縫い目がピシっと少しほどけたところでやめ、見た目には劣化して切れたものとわかりませんし、殴る蹴るということはしません。


でも私がお皿を投げたとか包丁を振り回したとかいいます。(私にはそんな覚えありませんが、そういうと都合のいいことだけ忘れると言われます。)


こういうことは結局お互い口でいうだけで嘘か本当かわからないことで、お互い証拠にならないのではないかと思うのですが、夫は一番最初の質問でも書きましたが、喧嘩をした際、記録を残していて、これは十分証拠になるといったことがあります。夫なりになにか調べているのだと思います。


これも法的には有効ではないと思っていいのでしょうか。


 


重なってしまう質問ですみません。


姉の件は姉自身からそういわれたことと、


夫のメモは根拠もなくそれが有効だと言い張ることはしないと思います、ある意味そういうところは慎重な人なので・・・


 


万が一逆に訴えられたリしたらと思うので(やりかねない人です)。慎重に事を進めたいと思うのでよろしくお願いいたします。


 

専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

突然家を出たから、「家事放棄」と決めつけられることはありません。あなたは性的暴行を受けて、精神的疾患になっているのですから、そういった行為(別居)に対して慰謝料を請求してくるというのは不合理です。

確かに、記録、特に日時と同時に書き残したものは、証拠採用される可能性はありますが、もしあなたが不利な立場になったとしても、「不倫」などの違法行為と違い、少額の請求しかできません。

あなたの立場を確実に優位に事を進めていきたいというのなら、配偶者暴力支援センター(通称婦人相談所)へ駆け込み、「保護命令」を家庭裁判所に申し立ててもらってください。

保護命令の申し立ては、センター内にいなくても、別住所や実家にいても、申し立てできます。これが認められれば、DVがあったとみなされたことになり、あなた優位で事を進められます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


 


配偶者暴力支援センターという存在を知りませんでした。


一度相談してみようと思います。


何度もありがとうございました。

専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

こちらとしては、ご納得いただきまして、うれしい限りです。ご返信いただきましたが、ご納得いただけましたら、評価の処理をお願いします。申し訳ありませんが、返信されますと、こちらの未回答リストに出てしまうので、よろしくお願いします。

このたびは、ご利用ありがとうございました。

dai60962000, 行政書士
満足したユーザー: 471
経験: 市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    837
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    837
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問