JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4761
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

こんにちは私は長男で両親が健在です 15年ほど前に両親が父親方の祖母を大阪から千葉に呼ぶために一戸建ての家を私名義

解決済みの質問:

こんにちは私は長男で両親が健在です
15年ほど前に両親が父親方の祖母を大阪 から千葉に呼ぶために一戸建ての家を私名義で購入しました。
その後祖母が引っ越して住んでいたのですが7年ほど前に離婚をした叔父が祖母の所に転がり込んできました
それから2年ほどして祖母が亡くなりました。叔父には50000円の家賃を毎月払ってもらう事になったのですが
2,3回支払ってきただけであとは無視。ローンも払い終わってないのでいくら身内といえども度がすぎると思います
事を荒立てずに家賃を払わせる方法ってないでしょうか?父はあまり叔父に対して言いたくないらしいです
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず、事実関係をご確認いたします。

一戸建ての不動産は、ご相談者様の祖母様のために

ご相談者様のご両親様がご相談者様の名義で購入したと言うことは

ローン返済人はいったい誰になっていますでしょうか?

所有権はご相談者様にあると言うことでしょうか。

ローン返済人はお父様と言うことでしょうか。

 現在住まわれているのは、叔父様だけでしょうか。

金融機関との金銭消費貸借契約で、不動産の又貸しができる契約になっていますでしょうか?

叔父様はお勤めになっていて収入があるのでしょうか。

また、賃貸契約書はありますでしょうか。

 御手数とは思いますが、いろいろご不明な部分をお教え下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

お世話になります


ローン返済人は実際は父ですが私の名義で支払っております


不動産の又貸しが出来るかどうかは不明です


叔父は勤めているとのことです


関係ないかもしれませんが叔父は車を2台(BMWと軽)持ってるので生活はそれほど苦しくないはずです

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

少し様子がわかりました。

そうすると、名義貸しみたいな形でしょうか。

所有者とローン返済人が別と言うことはあります。

又貸しに関しては金消契約では普通は、一括返済等の要件となりますので

契約書等をご確認しておいて下さい。

それは、今回の案件とは別に考えてもらった方が良いでしょう。

 そうなると、叔父様の件ですが、賃貸借契約書があるかどうかが

問題ですが、口約束でも一応は成立しますが

今後のことも考えると、出て行ってもらう方が良いでしょう。

そのまま、居座れば、今後は将来的に相続等が発生した時に

トラブルにはなるのは見えている相手です。

 では、一般的に、どうするかと言いますと

似たようなパターンで、賃貸アパート等で、未払いの人に

出て行ってもらう場合は

これまでの、未払い分は、不問にして、引っ越し先まで斡旋してあげて

引っ越し代等も支払ってあげると言うことです。

そうなると、かなり損失が出るようにも見受けられますが

実際には未払いの方にそのままずっと居座られる方の損失の方が莫大なのです。

 ご相談者様のお父様にしても、未払い家賃を払えとは言い難くても

引越の一切を出してあげて、未払いも不問にするとなれば

出て行ってもらうのも言い易い部分はあると思います。

理由は、リーフォームするからとかいろいろつけられます。

これは、未払い期間が短い場合に効果があります。

多分、その叔父様が居座ることでの損失は、今後計り知れないものがあります。

現に、図々しく、家賃も支払わず居座っているところからも

トラブルメーカーとしての素質は充分です。

 それでも応じなければ、民事調停などで争う姿勢を示しても良いでしょう。

まずは、円満な形で済むような懐柔策をとられることです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問