JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

結婚2年10ヶ月。1歳8ヶ月になる息子がいる母親です。 昨年度末から性格の不一致を理由に主人から離婚したいと言われ

質問者の質問

結婚2年10ヶ月。1歳8ヶ月になる息子がいる母親です。
昨年度末から性格の不一致を理由に主人から離婚したいと言われ、調停をしています。
今年1月にマイホームが完成しましたが、私たち親子は住ませてもらえず義母と同居し、主人は不倫相手と新居で生活しています。
結局、不倫相手と一緒になりたくて私にひどい事を言って離婚しようとしていたようです。
調停で私は慰謝料300万と養育費5万を求めました。
主人の年収は423万です。
主人は慰謝料は200万の分割払い、養育費45000円で将来的な増額は無し、財産分与無し、と主張しています。
来週の調停で養育費5万、慰謝料200万の一括 払いを主人ができるなら離婚が成立するんですが、財産分与無しで慰謝料200万は少ないですか?
預貯金に関しては主人が全て管理していたので私は知りません…。
マイホームは土地代は旦那の両親からの援助なので特有財産になるそうです。
家は頭金200万程入れて残りは旦那名義でローンを組んでいるそうですが、頭金は旦那が独身時代の貯金から出したと主張しています。
昨年末に300万の中古車を旦那が購入していますが、頭金50万はこれも旦那の独身時代の貯金。現金100万は旦那が母親から借金。残り150万は旦那名義でローンを組んでいるそうです。
以上のことから、夫婦で築き上げた財産は一切無く、旦那は家も車も売らないそうです。
私の財産分与は一切無いのでしょうか?
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
はじめまして、弁護士です。

財産分与の他に、気になった点がありますので、はじめにそちらからお答えします。

>養育費45000円で将来的な増額は無し

増額なしというのを、現時点で認めてしまわない方がいいでしょう。
お子さんが私立大学などに進学した場合には足りなくなる可能性が高いです。
現時点での45000円という額は妥当かと思いますが、増額なしの条件は外した方が無難です。
もしかしたら、質問者様が働けなくなるかもしれませんし、相手の収入が上がる可能性だってあります。


>慰謝料200万

これは高めと言っても差し支えない金額です。
ただ、質問者様は300万円と主張していたわけで、相手が200万と主張したのに対し、
その提案にすぐに乗ってしまってはいけません。
質問者様が300万円と主張した意味がなくなってしまいます。
せめて、あと1~2回くらいは300万円の主張を続けた方がいいです。
以下の回答とも関連しますが、「財産分与がないのであれば、慰謝料を増やしてほしい。」とも主張できます。


>財産分与

「マイホームは土地代は旦那の両親からの援助なので特有財産になるそうです。
家は頭金200万程入れて残りは旦那名義でローンを組んでいるそうですが、頭金は旦那が独身時代の貯金から出したと主張しています。
昨年末に300万の中古車を旦那が購入していますが、頭金50万はこれも旦那の独身時代の貯金。現金100万は旦那が母親から借金。残り150万は旦那名義でローンを組んでいるそうです。」

すべて、「・・・そうです。」とありますが、相手が主張しているということですよね。調停委員がそういっているのでしょうか。
相手がただそう言っているだけであれば、争ってください。相手の言い分をそのまま認めてしまっては、自身の主張をしていないのと同じことです。

例えば、
「昨年末に300万の中古車を旦那が購入していますが、頭金50万はこれも旦那の独身時代の貯金。」とありますが、頭金50万が独身時代の貯金だったとしても、結婚後に貯めた50万円の現金は残ったわけです。
つまり、金の出所の違いでしかなく、結婚後に形成した50万円はどこかに残っているのと同じなのです。
また、夫名義で150万円のローンを組んでいるようですが、その一部は結婚生活中に返済がされているはずです。


原則として、「財産分与がない」ということを一方的に決めることはできません。
おわかりのとおり、結婚後に形成した財産を半分にするのです。
そうすると、結婚して約3年もの間、給料をもらって生活していたはずで、その残りがあるはずです。少なくともその半分は財産分与として請求できます。


預貯金の状況がわからないのであれば、通帳の写しでも相手に提出させてください。
調停委員に「納得して離婚したいので、通帳が見たい。」などと言えばいいでしょう。
そこで、現金がないようであればやむを得ません。


どうしても早く離婚したいというなら別ですが、質問者様は相手に裏切られてしまった側ですから、もう少し(言い方は悪いですが)ごねてみた方がいいと思います。
そこでいくらかの財産分与を勝ち取れるようにした方がいいです。


>私の財産分与は一切無いのでしょうか?

というご質問ですが、質問者様がないかどうかを心配するのではなく、
とりあえずが「財産分与はある」ということで主張をしてください。

ご質問を拝見しての印象ですが、相手の言い分を理解してあげようとしすぎていると思います。調停といっても、対立しているのですから、ご自身の主張を貫いてください。
そこで、ダメそうであれば、そのときに主張をやめればいいのです。
今のままでは、相手の言いなりになってしまいそうで心配です。
がんばってください。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問