JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

平成22年7月に、友達にお金を貸しました。 250万円です。30万円だけ返してもらいましたが、その後連絡が途絶えて

質問者の質問

平成22年7月に、友達にお金を貸しました。
250万円です。30万円だけ返してもらいましたが、その後連絡が途絶えてしまい
不安です。全額かえしてもらいたいのですが、どのような手続きをすればいいのか
教えてほしいのですが。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんばんは、弁護士です。

弁護士に依頼するおつもりはないということでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
,
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
おそれいりますが、
,
としか書かれておりません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

弁護士に相談する場合、いくらぐらいかかるのかわかりません。


今すぐにはおかねを用意できるかどうか

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士に依頼すれば、質問者様が手続きのことを考える必要はありません。
貸し金の返還請求ということですから、どの弁護士でも対応することができます。

弁護士に依頼しないで進めたいということであれば、支払い督促がおすすめです。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_13/index.html
こちらを見ていただきたいのですが、
質問者様において裁判所に行き、「支払い督促をしたい」と言えば、所定の紙がもらえるはずです。
そこに簡単に必要事項を記載すればそれで済みます。
裁判所から220万円を支払うように催促してくれます。
相手が異議を申し出なければ、強制執行が可能です。
仮に弁護士に依頼した場合には、45000円程度で受ける弁護士が多いでしょう。


ご自分でなさるのは難しいですが、民事訴訟の手続きも可能です。
訴状には、
・貸したこと
・返済期限が過ぎたこと
などを具体的に(平成何年何月何日で、どういった状況だったのかなど)書いて、証拠をできる限り添付するようにしてください。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_06/index.html
これを弁護士に依頼した場合には、
着手金18万、成功報酬35万円程度で受ける弁護士が多いでしょう。
支払い督促ではなく民事訴訟にすると、相手と和解できるというメリットがあります。
つまり、相手が「一括ではなく分割なら支払えます。」という態度できた場合に、その方法を協議することが可能です。

手っ取り早く相手にプレッシャーをかけるには支払い督促をするといいでしょう。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問