JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4628
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

こんにちは。よろしくお願い致します。 子供が成長し、手が離れたら離婚するつもりでいます。早ければ2年後、遅くと

解決済みの質問:

こんにちは。よろしくお願い致します。

子供が成長し、手が離れたら離婚するつもりでいます。早ければ2年後、遅くとも5年後、私は60歳。。。

離婚には応じないと思いますが、その時の為に準備しておいた方がいいものとか、心がけておく事など教えて頂ければと思います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、いろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 現時点で、お子様が何歳かはわかりませんが、2年後、5年後と言うことで

あれば、それなりに大きなお子様かもしれません。

夫婦の離婚の問題と、親子の問題は切り離して考えられた方が良いかもしれません。

今の時代、親が子供のためだけにしたくもない婚姻関係を続けていることを

見ている方が耐えられないものです。

 意外と、お子様の方が考え方も大人である場合もございます。

離婚すべき理由があれば早目にすべきで

後になるほど、離婚条件が有利になると言うことはありません。

 ある程度の中高年の離婚は熟年離婚と言われますが

熟年離婚の側面は、何とか、一方が有利に離婚したいと考えていて

遅れを取ると悲惨な目に遭うこともございます。

 現時点で、ご相談者様が、お仕事などをされていて

経済的な基盤が無い場合、どのようにしての将来設計をするかが

離婚の決め手になります。

 まず、ご主人様が離婚に応じないと予測されるのであれば

離婚に応じざるを得ない、実績を作っていくことです。

裁判上の離婚理由(DVや不貞行為等)は大事です。

 特にDVや言葉のDVと言われるモラルハラスメントは記録や証拠が必要です。

今から、日記的に記録していくことです。

 また、理由が性格の不一致レベルでも、複数の理由があつまれば

婚姻を継続し難い重大な事由となります。

 最終的には、理由が無くても、別居実績が最大の離婚理由になることも

ご理解ください。離婚を口に出さずとも、いろいろな理由で別居をご提案しても

良いでしょう。

 離婚条件に、おいては、財産分与や慰謝料だけではなく

熟年離婚特有の退職金や満期のある生命保険や年金分割は押さえておきましょう。

 民事法務専門の行政書士や弁護士の先生と二人三脚で進められるのが

良いでしょう。

 それと、協議離婚をされる場合は、離婚協議書を公正証書で作成すれば

離婚後のトラブルは防止できるでしょう。

 離婚は、今日決めて明日離婚するみたいなことにはなりませんから

じっくり準備に時間をかけて下さい。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答有難うございました。


退職金・年金について押さえておく、というのは具体的にどうすればいいのでしょうか?


我が家は厚生年金ですが65歳になって受け取るとして、こちらから申し出ないと私の分も主人の口座に振り込まれそのままになったりするのでしょうか?


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

退職金に関しては、離婚する時点で、定年退職で無い場合は

離婚する時点で、自己都合で退職したらいくらもらえるかと考えます。

自己都合ですから、定年退職よりは低額になりますが

早目にもらうことに意味があります。

 定年後は、満期分を折半することになります。

 これは満期のある生命保険でも同じで、満期になる前に

解約したら、解約返戻金がいくらになるかで考えます。

 厚生年金は、年金分割の対象で

離婚後2年以内に、管轄の年金事務所(旧社会保険事務所)で手続きを

しないといけません。

 離婚協議書を公正証書で作成して年金分割のことが書かれていれば

お一人で手続きができますが

 公正証書が無いと、元ご夫妻のお二人でで手続することになります。

きちんと公正証書にするのがポイントですね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問