JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

夫と夫の浮気相手に慰謝料を請求したいと思っています。夫の携帯メールのやり取りと、携帯での旅行先の宿泊予約メールを見つ

解決済みの質問:

夫と夫の浮気相手に慰謝料を請求したいと思っています。夫の携帯メールのやり取りと、携帯での旅行先の宿泊予約メールを見つけ、夫を問いただしました。口頭では認めましたが、証拠は夫の携帯の中なので、消去されると何も残りません。このような場合は、慰謝料は請求できないでしょうか。問いただすのを早まったと後悔しています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
はじめまして、弁護士です。

裁判で慰謝料を請求するのであれば、お書きになっているとおり証拠が必要です。
裁判の場で、「そんなこと知らない」と開き直られた場合に、裁判官が浮気をしたと認定できないためです。

携帯のデータを消去されなければ、それを証拠とすればいいでしょう。
携帯本体そのものは必要ではなく、
メール画面を写真に撮って提出することが多いです。

携帯データを消される場合に備えて、証拠を作ることで対応できます。
例えばですが、
「*月*日の旅行に行った件で話したいんだけど。●さんと行ったことは間違いないの?」
といったように会話を申し向けて、夫の返答を引き出します。
そして、それを録画・録音してしまえば、1つの有力な証拠となります。
録画・録音は秘密で構いません。
こうする場合、日付や人物名をうまく盛り込んで、裁判官が見たときにわかりやすくしておくことが重要です。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。慰謝料とは、必ず裁判をしないととれないのですか?
約10年前にも浮気がわかり、私が浮気と確信するのは二回めです。前回は、交際期間約10年間で、うちの会社の社員です。今も辞めていません。前回は、慰謝料を請求せず、別れてもらいました。今回は、水商売の女性です。私には、知的障害の息子がおり、どうしても離婚が難しい状況です。それは、夫もそう思っているので、離婚なしの慰謝料請求です。金額的に、どれくらい請求できるのでしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
>慰謝料とは、必ず裁判をしないととれないのですか?

そんなことはありません。
証拠を気にされているので、裁判を意識してのご質問かと思いました。
相手と話し合って、慰謝料を払ってもらうのでしたら、そもそも証拠がなくてもいいでしょう。


>慰謝料の額

離婚しないのであれば、金額的には高くなりません。
不貞行為の回数や相手の収入などにもよりますが、50万~100万といったところでしょう。
もっとも、これは裁判で請求した場合の金額です。
裁判をしないで請求する分には、相手が支払いを認めさえすれば、金額は自由です。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございます。では、直接会って請求するわけですね?それに応じない場合は、裁判になるわけですね。その時は、弁護士さんにお願いしたらいいのですね。そして、その時の証拠の件ですが、夫に書面で浮気を認める旨を書いてもらっても役にたちませんか?
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
直接会っても、文書で請求しても構いません。

それで応じないようであれば、弁護士をつけて裁判ということです。

そのような書面を書いてもらうと、とても有力な証拠になります。
質問者: 返答済み 4 年 前.
書面にする場合の注意点があれば教えてください。
他にも、先ほど書いていただいた事以外で、しておくことなどありましたら、具体的に教えてください。よろしくお願い致します。
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
恐れ入りますが、そろそろプラス評価をお願いします。
複数質問をしておきながら、報酬を払わない利用者が多く、大変苦慮しております。
こちらもプロとして回答を提供している以上、無料というわけにはいきません。

書面にする場合の注意点
・浮気の日付、相手を明記する
・示談金の額を明記する
・2通同じ物を作成し、1通ずつ保管する
・示談金をいつまでに支払う、と明記する
・署名、押印(できれば実印)する
といったところです。難しく考える必要はありません。

他にするべきことは、とにかく多くの証拠を作ることです。
証拠さえあればいいのですから、特に変わったことをすることはありません。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問