JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

いつも質問をして申し訳ございません。 先日からの関連の質問です。 現在、妻が離婚請求事件として今回の問題を弁

解決済みの質問:

いつも質問をして申し訳ございません。
先日からの関連の質問です。

現在、妻が離婚請求事件として今回の問題を弁護士の先生に依頼して
しまったのですが、恐らくは妻個人の意思で行ったと考えています。

本日、妻方の弁護士の先生と直接、話しをさせて頂いたのですが、
弁護士の先生もお忙しい職業ですから、十分な時間はとれずに、
こちらの想いを十分説明することができず、やはり、
あくまで、依頼者である妻の訴えを尊重なさりますから、

私と義父様が話しをできる機会を設けて下さい。と、
お願いしたのですが、「私が代理人として内容をお伝えします。」
とのご返答で、時間がなくなり、そこで話しは終わってしまいました。

先生には前にも説明しました通り、今まで家族会議の形で話合いを続け、
「お互い冷却期間を 設けた後、同居して私がなお、妻に対して
精神的苦痛などを与えるようであれば離婚」という合意だった
ものが、妻の行動で反故にされている現状です。

私はあくまで身内の話し合いで妻が落ち着いてから説得したかった
のですが、妻が代理人を立てたため、私も仕方なく弁護士の先生に
今回の問題をお願いすることに致しました。

できれば調停に話し合いの場を移すことを避けたいとまだ考えています。

今回の問題のことで直接、その弁護士の先生に説明をしたわけではなく、
法律事務所の事務の方に事情を説明し日程の調整をして頂いただけです。

しかし、弁護士の先生との面談まで、一週間ほど待たなければならず、
一週間の間に妻方が裁判所に夫婦関係調整調停の申し立てを
されてしまっては、もう、妻と直接、相談できる機会が
なくなってしまうと思いまして、本日、妻方の弁護士の先生宛に

「妻の精神状態は現在、極めて冷静さを欠いている状態なので、
そのような状態で、対話の場を調停に移してしまったら、
これまで相談にのってもらってきた家族のみんなの気持ちを
損なってしまい、後日のしこりになってしまうので、
申し立てを取り下げてもらうよう、私の想いを妻に伝えて頂きたい」

という内容の嘆願書を、なるべく、妻の精神状態にも配慮した
書き方で丁寧に作成致しました。

この嘆願書を内容証明郵便で妻方の弁護士の先生に明日送ろうと
思っているのですが、私のこの行動が、私の想いに反する方向に
問題を更に加速させて、悪い結果を招くのではないかと思い、

嘆願書を送っていいものかどうか、質問させて頂いた次第です。
いつも、ご迷惑お掛けしてすみませんが、ご回答をよろしくお願い
致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

弁護士の先生にご依頼するのも構わないと思います。

ただ、弁護士の先生に任せっぱなしにするのではなく

ご相談者様の考え通りに代理交渉していただけるか、きちんとご確認されることです。

弁護士の先生にとっては面倒なことかもしれませんが、きちんと経過報告をしてもらうことも大切です。

中には、何もご報告が無く、最終的に調停が不調に終わったと言うことにも成りかねません。

基本的に、調停は、弁護士の先生が入ろうが入るまいが、金銭的な部分等は

決まってしまうので、一緒に調停の場に入ってのらうパターンが良いでしょう。

ご相談者様が伝えたいことのあくまでフォローをしてもらうのが良いかもしれません。

 先方n弁護士の先生に、嘆願書は送られても何ら問題はないでしょう。

すでに、一度連絡を取り合っていますので、内容証明のような面倒なことはせず

普通郵便でも構わないでしょう。

 奥様側の家族の方が、何らかの働きかけを奥様にしていただくのが一番良いのですが。

また、ご相談者様も、離婚を視野に入れて話すこともできると伝えれば

わざわざ面倒な調停をせずに協議にできるかもしれません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問