JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4961
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

いつもお世話になります。 本日は急ぎの質問ではございません。 妻の過去の不貞行為に対する慰謝料を 請求したとし

ユーザー評価:

いつもお世話になります。
本日は急ぎの質問ではございません。
妻の過去の不貞行為に対する慰謝料を
請求したとして、
妻が時効の援用を利用して
支払いを拒否した場合、
それは、調停あるいは審判の際には
調停人、あるいは裁判員に
過去の不貞行為に対する謝罪の意思がないと
評価されるのでしょうか?
教えて下さい。

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

 基本的に、時効の意味合いは、過去のことにいつまでもとらわれないで

前向きに進んで行くためのものです。

悪さをした人を助けると言う意味合いではありません。

 調停委員は、別としても、中には法律的なことが専門で無い方もいらっしゃるようですが

裁判官は、法的な解釈をするだけの話で、謝罪が無いとかそう言う感情的な観点での判断は

しません。

充分に、期間があったのだから、その間になぜご相談者様が対処しなかったかと

追及される可能性があり、やぶへびともなりかねません。

 ただし、一番最後にそう言うことがご確認できてからの3年の時効ですから

一番最初に知った時から3年ではありません。

 当然、継続的につきあっていれば、最後に確認できたところから時効は

スタートします。

 ただ、奥様を追求しだすと、ご相談者様に、離婚の意思があるのではと

推測されて損かもしれません。

あくまで、そういうことをされても妻を愛していて、そのことは気にしていませんと

言う態度の方が好感をもたれると思います。

 弁護士の先生と戦略は練った方が良いですね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問