JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4691
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私の娘(32歳)のことでご相談したいことがあります 娘は6年前 11歳年上の男性(バツイチ)と結婚して、5歳の

質問者の質問

私の娘(32歳)のことでご相談したいことがあります

娘は6年前 11歳年上の男性(バツイチ)と結婚して、5歳の男児がおります
夫とは仕事の関係 で知り合い、夫は今も取引先の会社に勤務し、娘も仕事を続けております

2年程前からだったと私は思うのですが 夫とうまくいっていないのではないかと思うようになりました 

娘は平成22年の秋の夫の浮気を疑い探偵社に調査を依頼したところ 同じ会社の女性と不倫をしている証拠を得ることができました 当時娘に「会社のぼくの子供がほしいといっている女の人がいる」と言ったりしたようです 

 
娘夫婦は共稼ぎで夫も 娘が残業や出張の時は 家事や育児によく勤めてくれるので 様子をみていたようです
 
ところが 先月 同じマンションにその人を住まわせていることに娘が気付きました
夫は娘と結婚することを決める少し前に現在すんでいるマンションをローンで購入していました
同じマンションに2部屋購入して、自宅と賃貸とにしていたのです 娘が不倫に気づいいることは夫は全く知りません 今回も探偵社により証拠写真を得ています

娘は今の状態に精神的に参っており,離婚を考えています
が、会社から今年の10月から1年半海外勤務(子供をつれて)の内示をうけています
それまでに離婚(親権、慰謝料、養育費東を含めて)をどう進めていったらよいか
ご意見を伺いたいと思います

宜しくお願い致します
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、娘様のこととは言え、大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 基本的に、娘様が離婚をお考えと言うことであれば

不貞行為は裁判上の離婚理由にあたりますので、ご主人様に離婚を請求すれば

離婚が出来る状況にございます。

 きちんとした証拠もおありのようですから、慰謝料の請求も可能です。

離婚する場合は、離婚条件が後々口約束や私文書だけはトラブルになりますので

公正証書で離婚協議書をきちんと作成してください。

 公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼ください。

また、親権は、不貞行為とは何ら関係がありませんのできちんと主張されて

下さい。基本的には、まだ小さいお子様ですから、家庭裁判所の離婚調停となれば

9割方は、母親側に親権等が行きます。

後の1割が、母親がお子様に虐待(DVやネグレクト<育児放棄>)をしているか

父親側が、一人で育児実績がある場合などです。

 ただ、離婚するにしても、まずは市役所に「離婚届の不受理の届」を出して

おいて下さい。意外と勝手に離婚届を出す方はいます。

更に、離婚届には親権者の指定欄がございますのでご注意が必要です。

 お話から、慰謝料に関しては、単なる火遊びと違い、略奪愛的な部分が

ございますので、ご主人様と愛人の女性に対して2人分で400万円~500万円から

始まる感じです。あくまで2人分ですが。

 財産分与に関しては、婚姻してから作られた財産が夫婦の共有財産ですから

マンションの方は、ローンがあるかないかで微妙なところです。

 養育費は、ご夫妻の昨年度の年収とお子様の人数と年齢で算定表で

決めることになります。もちろん民事ですから合意さえすれば算定表よりも多くも

とれます。

 後は、年金分割がありますが、6年間ですから考えなくても良いかもしれません。

 まずは、ご主人様に対して、離婚の要請と離婚条件を提示してから

相手の対応を見ることです。

 応じるならば、離婚協議書を公正証書で作成して協議離婚をします。

応じなければ、家庭裁判所の調停を申立てます。

公正証書は海外にいても作成できますし、専門家に頼めば

2週間程度で作成も可能です。

娘様に、頑張るようお伝えください。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問