JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚に伴う公正証書について追加で質問です。 ===== 第四条 ■離婚成立後、住宅ローン精算処理や手数料折半の支払が滞るなら直ちに強制執行。

解決済みの質問:

離婚に伴う公正証書について追加で質問です。
=====
第四条
■離婚成立後、住宅ローン精算処理や手数料折半の支払が滞るなら直ちに強制執行。  

以上、本離婚協議の成立を証する為本書2通を作成し、甲乙各自署名押印の上、各自1通を保有する。
ーーーーーーーーーーーーーー
ka soliciterさんより以下の回答がありました。
=====
2012年7月7日 22:13 EST
第4条の件なのですが、これは離婚後、(乙の)住宅ローンの連帯債務が消滅するまでの間、ということでしょうか?
その部分を明確化しておいたほうがいいでしょう。
=====
■質問1
(乙の)住宅ローンの連帯債務が消滅するまで ではなく、どちらかが費用を立て替えて支払った場合、その精算をすみやかに行う という意味でした。 ここは、期限を明記するべきということですね。 
「連帯債務消滅の1ヶ月後までに精算する。」
のように記載すればよいでしょうか。
■質問2
回答いただいたように、第三者へ漏洩しない事を記載しようと思います。
その他に記載したほうが良い項目はありますか。 

よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

先にご回答された専門家の先生が、未だに回答をしておりませんので

こちらで引き継いでご回答いたします。

 基本的に、公正証書で、離婚協議書を作成されると言うことで

その下書き的な私文書による離婚協議書を作成されていると思いますが

確かに、ご自分たちでも作成はできるのですが

 手間や専門的な知識が必要なことを考えると

専門家にご依頼された方が良いと言う、公証人の方のアドバイスだと思います。

 まず、考えておかないといけないのは、公正証書はお金に関する契約内容に

関しては、ものすごく強い効力を持っていて、強制執行認諾文言が入れば

未払いがあれば、即、強制執行手続きができます。

 とは言え、実務的には3~4か月かかる時もございます。

公正証書を作成と同時に交付送達か特別送達もされておくと良いですね。

 それと、今回のような不動産の名義変更等に関するものは約束は出来ても

強制執行力は無いことをあらかじめご理解しておいてください。

 前回のご相談内容から、お子様に関するものがないので

養育費とか面接交渉の問題は無いと思いますが

その他では、年金分割や通知義務(引っ越した時等は連絡する)を入れることも

多いですね。

財産分与の財産には自動車も入りますが、そこは大丈夫でしょうか。

 質問にお答え致します。

1、期限はお金が絡む場合は入れておくと良いですね。

遅れた場合は、遅延損害金を支払う等も入れて良いでしょう。

2、前述してある通りです。年金分割、通知義務は必要でしょうね。

後、不動産関係の契約が出ていますので

不動産登記簿(全部事項証明書)の公証役場への提出が必要ですね。

固定資産税が誰が支払うとかはありましたか。

 早く確実に作成するのであれば、民事法務手続専門の行政書士か弁護士の

先生にご依頼されると良いですね。

 離婚協議書は、遺言と違って代理人でも作成できますので

お二人とも代理でも構いません。その時に専門家の先生は守秘義務が

ございますので、ご依頼する価値はあるかもしれませんね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問