JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

父が亡くなり、所有している(持ち家)土地の名義(父と二分の一)を私に変更しようとしたのですが父に認知した子供が二人い

解決済みの質問:

父が亡くなり、所有している(持ち家)土地の名義(父と二分の一)を私に変更しようとしたのですが父に認知した子供が二人いてることが発覚しました。法に基ずいて財産分与することで納得してもらい遺産分割協議書に も応じてもらっています。今回、土地を売買(1050万円)したのですが、いくら支払えばいいのか、また仲介手数料及び諸費用を等分していいのか教えてください。また、個人的に事業に失敗し、600万円の差し押さえがあったため私の手元には450万円しかありません。母は健在で子供は私一人です。また、土地の名義を2分の1にしたのは父が障害者1級であり税金対策として父からの勧めでしたものであり、実質私が全額で購入したものです。このことも考慮に入れてもらって至急、回答を宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

何点か確認させて ください。
1.質問者様のお父様の持分は土地のみでしょうか?建物は質問者様の単有ということでしょうか?

2.今回1050万円で売却された土地とは、もちろん上記の共有の土地ではないですよね。
違う土地ということであれば、質問者様が他に単独で所有しておられた土地を売ったということでしょうか?

以上の点を返信して頂けると助かります。よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 1 私の自宅、土地、建物です。名義は父と私で二分の一ずつです。

 2 今まで住んでいた自宅(上記の分)を売却。(1,050万円)

   父と母は私の近くの府営住宅に住んでいます。(父は他界)。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.

返信ありがとうございます。

 

今までお住まいのご自宅(土地と建物)を売却して、その対価を各相続人に分配するということですね。

 

今回、お父様が亡くなられて、上記の不動産の持ち分は以下のようになります。認知された子供が「非嫡出子」であることを前提とします。

 

1、質問者様ご本人の持ち分・・・初めから持っていた持ち分「2分の1」に加えて、お父様の持ち分を相続された分「16分の2」。合計で持ち分が「16分の10」

2、認知された子供たちの持ち分・・・お父様の持ち分の相続分でそれぞれ持ち分が「16分の1」

3、質問者様のお母様の持ち分・・・お父様の持ち分の相続分で持ち分が「16分の4」

 

計算しやすいように、分母を認知された子供たちに合わせています。

 

今回、不動産を売却し、そこから仲介料と手数料を引いた価格が1050万円であれば、

1050万にそれぞれの持ち分を乗じた価格が各人の受け取れる金額となります。

認知された子供たちには、1050万×16分の1=65万6250円をそれぞれ渡せばいいことになります。

 

ただし、認知された子供たちが、お父様の「嫡出子」であれば、認知された子供たちの持ち分はそれぞれ「12分の1」となりますので、渡す金額はそれぞれ87万5000円となります。

どういう経緯で認知されたかはわかりませんが、「嫡出子」か「非嫡出子」かを確認する必要がありますね。なお、認知された子供たちの母親とお父様が一度も婚姻関係になければ、「非嫡出子」となります。

 

ちなみに、購入された当初、質問者様が全額負担したことは今回の相続には関係ありません。それにより質問者様の持ち分が増えるということはありませんが、遺産分割協議をする時にそのことを相手に考慮してもらい、相手が納得してくれるのであれば、渡すお金を少なくすることはできるかもしれません。しかし、あくまでも相手が了承してくれればの話です。

質問者: 返答済み 5 年 前.
当初質問したように土地の売買(1,050万円)に伴う仲介手数料408,750円、及び移転に伴うマンションの礼金30万円と仲介手数料88,000円の分を等分に差し引く事はできるのでしょうか。教えてください。宜しくお願いします。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.

売買に伴う仲介手数料は、相続財産の処分ということで、売却代金から差し引くことはできますが、移転に伴うマンションの礼金と仲介手数料は今回の相続の件には直接関係ないことですから差し引くことは難しいです。

ただ、その件も各相続人で話し合ってみて、了承してもらえるなら差し引くことは可能です。しかし、拒否されればそれは強制できません。

shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問