JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4921
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

現在56歳の男性です。妻とは昨年まで7年以上性的関係がない状態が続いていました。 妻の飲酒癖が原因で夫婦関係の継続

解決済みの質問:

現在56歳の男性です。妻とは昨年まで7年以上性的関係がない状態が続いていました。
妻の飲酒癖が原因で夫婦関係の継続に嫌気がさして いたところ,昨年の東日本大震災をきっかけに我慢を続けることが無意味に感じられ,家を出て別居しています。子供は2人いますが,いずれも社会人です。
別居後,長年の不眠症が快癒し,離婚を積極的に望むようになりました。妻から調停の申し立てがあり,昨年3回の調停を行いました。当方は離婚を,妻は関係の修復を望み,不調に終わりました。妻は仕事を持っていますが,パートタイマーで収入が少ないため,別居の間の婚姻費用として妻に月額7万円を支払うことになりました。
別居後1年が経過し,当方には新たに交際する女性が現れました。妻とははっきり離婚し,現在の交際相手と結婚することを考えています。妻にも新たな女性の出現を告げましたが,電話にもメールにも返事をしようとしません。こういった場合でも不貞ということになるのでしょうか。離婚成立の可能性や方法についてご教示ください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 基本的に、ご相談者様としては、離婚を前提に別居されていらっしゃる訳ですから

他の女性と交際したとしても、夫婦関係が実際に破綻していれば

不貞行為としての慰謝料の請求はできないことになります。

 ただ、夫婦関係の破綻の証明は難しいので、それなりに破綻の証拠が

必要となります。今回のケースでは、調停もしておりますので問題ないかもしれません。

 とは言え、問題は、夫婦関係が破綻後か破綻前のお付き合いかに

なってきますから、そこの証明が相手にできなければ問題ないとも言えます。

 お話から、離婚理由は性格の不一致のようですから

1~2年別居して我慢をすれば離婚に至るケースとも言えます。

それまでは、新しい女性との関係は待つ方が、慰謝料等で有利になるかもしれません。

慰謝料等は関係がなくきちんといくらでも払うと言うお覚悟であれば

重婚的内縁関係と言うのもあり得ます。

 また、奥様だけではなく、奥様やご相談者様のご両親様などのご親族様から

アプローチして説得してもらうことも大切です。お子様からでも良いでしょう。

とにかく、奥様が何故離婚に応じないかを探って

お金なのかプライドなのかにもよると思いますが

対策を考えてみることです。

 調停自体は不調になっても何度もできますので

半年ぐらい間をあけてまた再調停で様子を探ることを繰り返すことです。

7年以上セックスレスだと、もしかしたら、奥様にも男性の影がある可能性は

あります。そう言うのも調べてみると有利に進むかもしれません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速ご回答ありがとうございます。

当方から調停の申し立てを行おうと思います。調停に際して婚姻費用の負担停止や金額の変更を申し立てることはできますか。

今後仕事を変わる予定で収入が減少することが予想されますが,昨年の調停の際に決定した婚姻費用の支払いは,この問題が決着するまで続けなくてはいけないのでしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

離婚前提の別居であっても、婚姻費用は離婚するまで払い続けないといけません。

そう言う意味では、早目に離婚の決着をつけないといけません。

婚姻費用に関しては、調停が不調と言っても、中間決定で額が特定されたと

言うことですね。

 婚姻費用は、将来の減収を予見して減額することはできないので

(協議でやるなら自由ですが、奥様がお認めにならないかもしれんませんね)

前年度の年収ベースになります。来年まで待って調停を起こしても良いかもしれません。

税金の支払いみたいな方式ですね。退職しても前年度の税金が来るような。

それと、婚姻費用の未払いをしたら、調停委員や裁判官の心証を悪くしますので

ご注意が必要です。

 頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問