JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

rikonnsouzokuに今すぐ質問する

rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員
67515089
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

付き合っている彼氏のことで相談です。 認知した子供と母親への「義務」について、教えてください。 彼には離婚歴

質問者の質問

付き合っている彼氏のことで相談です。
認知した子供と母親への「義務」について、教えてください。

彼には離婚歴があるのですが、前の婚姻期間中に他の女性との間に子供ができてしまいました。
妊娠したとわかった時に何度も中絶をお願いし たようですが、相手は応じず、その上で認知を迫ってきたようで、彼は生まれる前に認知したようです。
その女性と関係を持った経緯は元奥さんにもあり、そのことは解決しているようなのですが・・・
ちなみに、元奥さんとの間に子供はいません。

現在は離婚(子供が原因ではなく夫婦間の問題)しているため、相手の女性は結婚しろと要求してきています。

また、養育費については決まっておらず、現在(生まれて約一年)までは何も払っていないようなのですが、彼はさっさと金額を決めて支払いたいと主張しています。
しかし、相手は具体的な話には応じず、「子供に会って欲しい」「私たちにも優しくして欲しい」と、抽象的なことばかり言って、話が進まない状況です。
会いに行って話しても、昔はこうだったああだったと蒸し返す話ばかりで話し合いにならず、前回は殴られて帰ってきました。
何度話してもまともに話し合いにならないため、現在はとりあえず相手からの連絡をすべてスルーしている状態です。(1週間ほど)
その結果、話し合いが無理なら裁判所に行くと言ってきました。



ここからが質問なのですが・・・


1.彼が現在独身である以上、相手の「結婚しろ」に応じなくてはいけないのでしょうか?

2.子供に会え、会って「自分は子供のことを愛している・想っている」と伝えろと言ってきているのですが、彼には子供に会わなければいけない義務がありますか?
  (彼に会う意志はありますが、どうしても母親とは接触したくないようです。それは可能でしょうか?)

3.相手が裁判所に行って、その主張が通った場合、法的にこちらに課される義務はどのようなことがありますか?

4.調停になった場合、最短でどのくらいの時間がかかりますか?
  (彼の仕事が非常に忙しく、平日に何度も休みをとるのは困難です。)



正直、彼はできる限りのことをしていると思います。
これ以上相手の要求をのまなければならないのでしょうか?

毎日の電話やメール(会社の携帯にもかかってくるようです)で、彼も疲れ切っています。
最近は話題に出すたびにひどく憔悴して、気分が悪くなったりしています。

彼の要望はただひとつ、「早く養育費のことを決めて、スッキリしたい」「今後子供と面会しなければならないときは2人だけで会う(母親は来ない)」のふたつです。
日常生活に支障をきたすほど参っています。

どうぞ、よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

行政書士です。一般論を教示させていただきます。

 

1 応じる義務はありません。婚姻の意思があるかないかは大事なことです。

 

2 義務まであるわけではありません。母親との交渉により、いつ、どこで、どのように、面会するかを取り決めて、面会することは可能です。調停委員に間に入っていただき、面会交渉の具体的内容を決めてください。そのときに、父親は、母親と接触せずに面会することを希望している旨つたえればよいでしょう。具体的にどのような方法があるかはわかりませんが、たとえば、母親の親族が面会場所に連れてくる、などでしょうか。

 

3 認知すると父子関係は生じますので、養育費支払い義務はあります。これは子供の権利に近いですので、やむをえません。ただ、支払い意思がありますから、問題ないでしょう。

 

 慰謝料請求をしてくる可能性もありましょうが、この請求が認められるかは、具体的な主張を聞く必要がありますから、今は過度に心配されず、調停の中で相手方が主張してきた段階で、また専門家に相談されるとよいでしょう。

 

4 相手次第です。調停は話し合いですから、相手方が納得すれば、1回で終了します。

 

お気持ちはよくわかります。はらいせのために話し合いをこじらせている可能性もありますね。

 

弁護士に依頼して、代理交渉をしてもらったほうが良いかもしれません。

 

なにかあれば、追加質問してください。

 

 また、実際に弁護士にご相談又はご依頼されたいということでしたら、下記相談窓口にご連絡されてみることをお勧めいたします。

 

【法テラス】

http://www.houterasu.or.jp/

rikonnsouzoku, 行政書士
満足したユーザー: 246
経験: 弁護士事務所事務員
rikonnsouzokuをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  ka soliciter 返答済み 4 年 前.
内容拝見させていただきました。

まず、1についてですが、結婚は双方の婚姻の意思の合致があることが前提となりますから、相手が強制しようとしても、応じたくなければ拒否もできます。
次に2.3については、それらに関する取り決めをした文書があるかどうかにかかっています。実例で離婚した夫婦のケースで、養育費を払 うけれども、子には会わない、としている方もいますので、その部分を決められているか、確認しておいたほうがいいでしょう。
そして、裁判所では、お子さんに会うのが強制されるのか、ということはまず無いでしょう。ただ、あくまで裁判官の裁量にかかっていますから、断定はできません。
調停となりますと、短くても2ヶ月から3ヶ月、長いと半年以上かかる可能性もあります。
出来うるならば、専門家(弁護士など)に依頼して、当事者間での話し合いで、収拾させたほうが、負担はより少ないのではないかと思われます。

おそらくですが、相手はかなり感情論になっているため、当事者のみでは難しい段階に来ています。専門家にあいだに入ってもらいましょう。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    835
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    835
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問