JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

二年半前に離婚したのですが(夫のDVにより) 私は早く別れたい一心で慰謝料、財産分与も受けていません 離婚が

解決済みの質問:

二年半前に離婚したのですが(夫のDVにより)
私は早く別れたい一心で慰謝料、財産分与も受けていません

離婚が成立後も夫は出ていかず、私の実家で同居をしていました
その夫が昨年癌に 罹患し、余命わずかとなっています

現在、彼の両親と兄は、たまに見舞いにくる程度で
毎日の世話は私がしている次第なのですが

彼は預金や生命保険についての権利はおまえには一切ないので
彼の死後、全て両親に渡すようにと言っています

私は自分の生活だけでも大変なのに
仕事を休んで面倒を見ている状況です

どうしても納得がいかないのですが
どうにもならない事なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
元夫の余命がわずかなときに気が引けるかもしれませんが、早急に慰謝料と財産分与の請求をするべきです。
元夫が死んだ場合、相続人が義務を引き継ぐことになりますが、相続放棄をされてしまうと、もはや請求することはできなくなります。

>彼は預金や生命保険についての権利はおまえには一切ないので
>彼の死後、全て両親に渡すようにと言っています

と彼は言っているようですが、生命保険はまだしも、預金の点は彼が決められることではありません。婚姻中に形成した預金については、原則として半分受け取ることができますから、請求してください。

生命保険についても、仮に受取人が質問者様となっているようでしたら、遠慮せずに受け取ってください。両親に渡すことを強制される理由はありません。

彼は、とても理不尽なことを言っていますが、結局DVをふるって離婚したのに面倒を見てくれている質問者様の優しい性格につけこんでいるとしか思えません。ご自身の権利は明確に、強く主張した方が今後のためになります。
jo-banをはじめその他2 名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問