JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

約10年前より、内縁の夫と生活しています。彼との間に9才の子供がおり、認知手続きもされています。 知り合った当初、

解決済みの質問:

約10年前より、内縁の夫と生活しています。彼との間に9才の子供がおり、認知手続きもされています。
知り合った当初、独身バツイチと聞かされその通り信じていました。しかし子供が生れる段階に なり実は既婚者であることを知らされました。その後、離婚調停をするものの、調停不調に終わり(相手に離婚を拒否された)その後裁判をするとのことでしたが、今は慰謝料を払うお金がないと言われ、ズルズルとそのまま離婚できない状態でいます。
この10年間は一緒に暮らしていますし、妻へのお金の送金などは一切ありませんし請求もありません。
妻は、占い師にまだ離婚してはいけないといわれているからというのが離婚しない理由だと主張しているそうです。

しかし、最近別の女性に子供がいることが分かりました。仕事で長期出張先のマンションで子どもと三人で生活していたことがわかりました。その子供も認知しているそうです。現在は、その女性とは別れたと言っていますが、生活費・養育費などの名目で毎月かなりの金額を振り込んでいます。
そこで、私がこの女性に対して慰謝料請求ができますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけて はおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。
内縁関係というのは、結婚の意志が双方にあり、夫婦同然の生活をしている男女関係を指します。双方に結婚の意思がなければ「同棲」ということになります。 結婚していない内縁、同棲では、法律の保護をうけることは原則としてできません。 ただし、内縁関係については、婚姻に準じる関係として、一定の法的保護が与えられています。夫婦の貞操義務、同居義務、協力義務、扶助義務、婚姻費用分担義務などの規定が適用されます。内縁の妻でも内縁関係を不当に破棄した相手に対して慰謝料の請求が認められています。
質問者様は内縁関係が認められているため、内縁関係にある期間内での不貞行為であれば、内縁の夫とその相手方の女性に慰謝料を請求することは可能です。
しかし、内縁の夫と不倫関係にあった女性が、質問者様の存在を認識していながら不倫関係になったこと(故意によるもの)が要求されます。質問者様の存在を知らなかったのであれば相手の女性には慰謝料を請求することができません。
慰謝料の相場ですが、慰謝料は心の損害ですので具体的にいくらということはできません。 裁判上は50万から300万と言われています。
判例をみると以下の事情が、慰謝料の算定において、考慮されているように思います。
夫婦が離婚にいたるのか(今回のケースでは内縁の解消にいたるのか)。
不倫の期間、程度、妊娠させたのか。
どちらが、不倫に積極的であったのか。
ただし裁判になると証拠(故意によるものかということ等)を提示しなければ勝つことは難しいと思われます。すでに不倫関係が終わっていて時間も経過しているということなのでので、証拠を収集するのも大変ではないかと思われま。ただ内縁の夫が相手の女性の子どもを認知しているということですので、そのことが証拠になることは考えられます。いずれにしても裁判をするのであれば弁護士などの専門家に依頼した方がいいでしょう。
裁判の前に慰謝料請求の「内容証明郵便」を送り相手の反応をみることもできると思います。
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問