JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員
67515089
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

不倫慰謝料についての質問です。 私は42才の既婚者女性です。3ヶ月前から元職場の同僚の46才の男性と付き合って

解決済みの質問:

不倫慰謝料についての質問です。

私は42才の既婚者女性です。3ヶ月前から元職場の同僚の46才の男性と付き合っています。
彼も既婚者で、中学生と高校生の子どもがいます。
私と付き合う前、4年ほど前から、彼は、奥さんとはずっと身体の関係がない、奥さんに「他で身体の関係をもってもらっていい」と言われている、と私を含め、周りの人にこぼしていました。
3ヶ月前に、私が彼を思いきって誘って、彼も誘いにのり、付き合い始めました。
身体の関係もあり、何回かホテルに行きました。
私は彼に夢中なのに対して、彼は私ほど気持ちがあるわけではなく、奥さんとの関係がうまくいかないから付き合っているにすぎないようです。
奥さんにはばれていないようですが、万が一ばれても、「だって、ずっと拒否されてきたのだがら、仕方ない」と開き直って言う、と言っていました。
また、奥さんとの関係がよくなったら、私と別れるかもしれない、とも言っていました。
でも、奥さんとの関係が修復されること は難しいようで、昨日「離婚届をもらってきた」と言っていました。
でも、すぐに離婚するというわけではなく、あくまで、彼自身がどうやって離婚をするのか調べている最中だということです。
私は、自分の家庭はうまくいっているので、彼が離婚するのはどちらでもいいです。
不倫慰謝料というものを、不倫相手にも請求されることがある、ということをネットで調べて知りました。
彼の家庭は、奥さんが専業主婦ということもあって、かなり家計が苦しく、彼もお小遣い制で、ホテル代も私がもっています。
彼が通っていたスポーツジムも、奥さんに「お金がかかるから」と辞めさせられた、とがっかりしていたこともありました。「俺は、自分のしたいことを我慢して、家庭のためだけを考えて行動すればいいってことだね」と投げやりに話していました。
それだけ、家計は火の車ということだと思います。彼の所持金が65円、ということもありました。

嫌な言い方ですが、ひょっとすると、私とのことがばれたときに、不倫慰謝料を請求されるのではないか、そして、彼も私を守ってくれないのではないか、むしろ私からお金をとる方に回るのではないか、という気がしています。
例えば、今すぐ彼と別れたとしても、不倫の事実は残るわけで、
その分を請求されることも考えられます。
私は、家庭や職場にこの事実が分かってしまうのが、とても怖いです。
だから、請求されたら支払わざるを得ないと思うんです。
法的に、事前に準備をして、この状況を回避する方法はあるでしょうか。
身勝手な相談で申し訳ないのですが、ぜひ教えていただきたいと思います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

>不倫慰謝料というものを、不倫相手にも請求されることがある。

 不貞行為が原因で離婚につながった場合は、男性とご相談者様を相手に、民法719条の「共同不法行為」であるとして、損害賠償請求することが考えられます。

 

 >家庭や職場にこの事実が分かってしまうのが、とても怖いです。
ただ、この請求は、まずは内容証明郵便などでなされることが考えられ、請求されたからといって、不貞の事実が周囲に知られるとは、限りません。

 

>法的に、事前に準備をして、この状況を回避する方法はあるでしょうか。

 請求の意思がないにもかかわらず、逆に、事前対策をすることで不貞の事実が周囲に知られる可能性も否定はできません。

 ですので、請求が届いたら示談をする、というのが良いのではないかと思います。

 

 謝罪の方法としては、決まった形式がないので、誠心誠意、謝罪の意が伝わるように謝罪文を書いてください。人に教わったような文章ですと、逆に印象が悪いかもしれません。

 そして、謝罪後に損害賠償請求されないために、「○は、○の謝罪をうけ、**の行為を許すものとする。は、との間に、一切の権利義務関係がないことを相互に確認する」といった内容の示談書を2通作成し、署名押印してもらい、各々1通ずつ保管しましょう。

 この示談書があれば、損害賠償請求から免れることができます。詳しいことは、お近くの行政書士に相談するとよいでしょう。

 

 また、実際に弁護士にご相談又はご依頼されたいということでしたら、下記相談窓口にご連絡されてみることをお勧めいたします。

【法テラス】http://www.houterasu.or.jp/

 

rikonnsouzokuをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問