JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4908
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

和解について(前回の続き) 不倫相手の妻からの慰謝料請求の裁判がありましたが、裁判官から和解を勧められました。そし

解決済みの質問:

和解について(前回の続き)
不倫相手の妻からの慰謝料請求の裁判がありましたが、裁判官から和解を勧められました。そして、障害者の高齢78、79歳の両親と乳児を抱えた私に「幾ら位なら支払えるのか?」と尋ねられました。相手は200万を請求しています。貯金を取り崩して妊娠・出産、育児をしてきて、週2回の塾の受付をしており現在月収は多くて10万です。
どう返事をしたらいいのか困っています。一般的にどのように対処していくものなのでしょうか?参考までにご見解をお伺いできれば有り難く存じます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 慰謝料の請求額には、相場はございませんので

相手が要求した額に対して、応じられれば、そのまま支払って

和解も可能ですが、お話から、すぐには難しいと思われます。

払う払わないは、ご相談者様の問題で、ご相談者様の収入や資力の問題から

減額を要求しても問題はなく

それをどう折り合わせるかが裁判の役目になります。

 とは言え、不貞行為の慰謝料請求で裁判になるとは余程の状況とも

言えます。

 200万円の額の妥当性ですが

一般的に、火遊び程度と、相手を離婚させて再婚させる略奪愛では

慰謝料の額が10倍は違います。

火遊び程度であれば女性の愛人なら20万円~30万円程度ですが

略奪愛であれば、愛人(ここではご相談者様)と相手の有責配偶者(男性)と

合わせて400万円~500万円と言うところです。

あくまで2人分ですが、厳密に半分と言うことではないですが

略奪愛ならご相談者様に200万円の請求はあり得ます。

それに裁判までして、低額と言うのは、相手方も想定できないでしょうね。

 今後の状況にもよりますが、相手の配偶者様と別れるのであれば

大きく減額請求して分割で支払う形でしょうね。

そうで無い場合は、厄介ですが、その場合は、相手の配偶者も関わるので

慰謝料をかぶってもらうしかないですね。

いずれにしても、減額・分割の請求はすべきです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
 相手は別れておらず、現在原告のブログによれば(証拠として提出)夫婦円満、一緒に旅行や食べ歩き、バイクでツーリング等に行っている。
 原告の主張は 10年間こどもができなかった自分達だが、夫の不貞で私に子どもができた為、夫の実家のお寺からだめ嫁とされうつ病になった とのこと…(何故そこまで私の責任になるのか正直本当に納得できない)
 両方の署名をした離婚届けを見せられしつこく交際を迫られて騙され、正式離婚を確認せず交際を始めた私の甘さを責められるのは理解できるのですが…
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

そうしますと、相手の男性にも騙されたと言う思いが強いのですね。

ただ、結婚を相手の男性がちらつかせて、金銭等をご相談者様から

奪うような形で無い限り、結婚詐欺としての立証はできないので

いろいろ不利な状況ではあります。

ブログでの、夫婦円満な状況を演出されているのも

姑息な対応だとは思います。

 唯一の離婚届は、やはりコピー等は取っていませんよね。

うつ病に関しては、ご相談者様との因果関係は薄いかもしれませんから

不貞行為の部分だけの慰謝料請求にしてもらって

自分も被害者であることを訴えて減額に持って行くしかないですね。

 お話からだと、男性から支援してもらうのは難しいようですね。

また、裁判ですから、弁護士の先生にご依頼されてないようでしたら

法テラス等からご紹介いただいて、報酬額等は

法律扶助を利用して、裁判費用等を立て替えてもらう制度を

ご利用された方が良いかもしれませんね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
 いつも丁寧なご助言を有難うございます。
 わかりました。和解の方向で減額を検討していこうと思います。
 すみません、それともうひとつお尋ねしたいのですが相手の主張は(私からすれば)随分強 引で言いがかりのようにもとれるのですが、一つ一つ私(と原告)の名誉の為反論したく思いますが、それはできるのですか?それとも甘んじて受け入れた方がいいのでしょうか?例えば
  1私と原告の夫が、原告からお金をとろうとしていた
   (原告は最初浮気を知って夫の離婚を考え弁護士と相談、「夫への慰謝料請求額」の    メモ書きを持っていた。夫がそれを私にFaxし、メールで話したのを誤解)
  2原告と別れていないのを知りながら海外旅行に行った
   (彼は翌月に別れる事に決定したと言い、私は何度も断ったが強引についてきた) 
質問者: 返答済み 5 年 前.
 いつも丁寧なご助言を有難うございます。
 わかりました。和解の方向で減額を検討していこうと思います。
 すみません、それともうひとつお尋ねしたいのですが相手の主張は(私から すれば)随分強引で言いがかりのようにもとれるのですが、一つ一つ私(と原告)の名誉の為反論したく思いますが、それはできるのですか?それとも甘んじて受け入れた方がいいのでしょうか?例えば
  1私と原告の夫が、原告からお金をとろうとしていた
   (原告は最初浮気を知って夫の離婚を考え弁護士と相談、「夫への慰謝料請求額」の    メモ書きを持っていた。夫がそれを私にFaxし、メールで話したのを誤解)
  2原告と別れていないのを知りながら海外旅行に行った
   (彼は翌月に別れる事に決定したと言い、私は何度も断ったが強引についてきた) 
質問者: 返答済み 5 年 前.
 いつも丁寧なご助言を有難うございます。
 わかりました。和解の方向で減額を検討していこうと思います。
 すみません、それともうひとつお尋ねしたいのですが相手の主張は(私からすれば)随分強引で言いがかりのようにもとれるのですが、一つ一つ私(と原告)の名誉の為反論したく思いますが、それはできるのですか?それとも甘んじて受け入れた方がいいの でしょうか?例えば
  1私と原告の夫が、原告からお金をとろうとしていた
   (原告は最初浮気を知って夫の離婚を考え弁護士と相談、「夫への慰謝料請求額」の    メモ書きを持っていた。夫がそれを私にFaxし、メールで話したのを誤解)
  2原告と別れていないのを知りながら海外旅行に行った
   (彼は翌月に別れる事に決定したと言い、私は何度も断ったが強引についてきた) 
質問者: 返答済み 5 年 前.
 いつも丁寧なご助言を有難うございます。
 わかり ました。和解の方向で減額を検討していこうと思います。
 すみません、それともうひとつお尋ねしたいのですが相手の主張は(私からすれば)随分強引で言いがかりのようにもとれるのですが、一つ一つ私(と原告)の名誉の為反論したく思いますが、それはできるのですか?それとも甘んじて受け入れた方がいいのでしょうか?例えば
  1私と原告の夫が、原告からお金をとろうとしていた
   (原告は最初浮気を知って夫の離婚を考え弁護士と相談、「夫への慰謝料請求額」の    メモ書きを持っていた。夫がそれを私にFaxし、メールで話したのを誤解)
  2原告と別れていないのを知りながら海外旅行に行った
   (彼は翌月に別れる事に決定したと言い、私は何度も断ったが強引についてきた) 
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

裁判での先方の主張は、あくまで先方の考え方に過ぎず

事実ではありません。

事実と裁判官に受け取られると、裁判の判決に影響します。

裁判は裁判官の心証主義を取っているからです。

否定すべき部分は、きちんと否定すべきで

その証明は、相手がすることです。

ただ、1、2に関しても、先方の男性の証言が覆す一つの証拠になるでしょうから

男性が嘘をついていたら困りものです。

否定するための何か証拠となるようなものが欲しいですね。

その経緯を説明する日記的なものを書いてみるのも手でしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問