JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

こんにちは。よろしくお願いします。 約4年前に調停離婚をしました。子供が2人おりましたが親権は元夫、養育費は2

解決済みの質問:

こんにちは。よろしくお願いします。

約4年前に調停離婚をしました。子供が2人おりましたが親権は元夫、養育費は2人で2万と調停で決まりました。
元夫は離婚してすぐ再婚し、私も昨年再婚しております。(私は子供はおりません。)
ずっ と働いて養育費を払ってきましたが5月末で会社の雇用契約が終了し無職になってしまいました。
働いている間安い給料をなんとかやりくりして養育費を払ってきましたが、無職となった今2万円という金額はあまりに多く現夫の収入では、食べていくのがやっとです。
もちろんこの先新しい仕事を見つけて働きたいと思っていますが、仕事が見つかり収入を得るまで、2万円という金額を払えそうにありません。

元夫は収入が無い・仕事をやめた等の理由では、養育費の減額の理由にはならないと手紙で送ってきました。その手紙の内容には払われなかった場合強制執行にかけるとも。
私自身不動産・車といった財産もありませんし給料もありませんが、それでも強制執行をされてしまうのでしょうか?
養育費は免除とまでは言いませんが、減額することは可能でしょうか?
元夫の再婚・私の再婚で何か影響を及ぼすことはあるでしょうか?

まとまりのない文章になってしまいましたが、切羽詰っております。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
養育費の減額は可能です。収入がないというのは、減額理由になります。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_07/index.html
裁判所のサイトです。
「請求」となっていますが、減額も可能です。
元夫との話し合いで決めてもいいのですが、話の土俵に乗ってこない以上、再度調停をした方がいいでしょう。

何も財産がないのであれば、強制執行をしても、執行するものがないので、空振りに終わります。

元夫が再婚すると、新しい家族が出来て、そちらを養う必要が出てくるので、元夫の養育費負担額が減る可能性があります。
同様のことが質問者様にも言えます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございました。ひとつわからないことがあるのですが

「再婚すると新しい家族が出来てそちらを養う必要が出てくるので、養育費負担額が減る可能性があり、同様のことが質問者にも言える」とありますが、無職となった私が夫の扶養に入ると思いますが、私が扶養になったら夫の給料から養育費を払わなくてはならなくなるのでしょうか?配偶者に養育費支払いの義務が生じるのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
これから夫となる方が養育費を支払うことはありません。その方の子どもではないからです。

質問者様が無職であり続け、収入がないのであれば、よほど夫となる方に収入があってお小遣い等も十分にもらえているなどの事情がない限りは、養育費の減額は認められるはずです。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問