JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私は既婚女性とのお付き合いがありました。 女性の夫に関係が知られて、女性は離婚することになりました。 その結果、

解決済みの質問:

私は既婚女性とのお付き合いがありました。
女性の夫に関係が知られて、女性は離婚することになりました。
その結果、慰謝料として200万円の請求をされていますが、現在の収入では高額で借入したとしても、
多重債務となり、今後の生活が全く成り立たなくなってしまいます。
借入して100万円まではなんとかなると思いますので、なんとか減額をお願いしたいのですが、
どのように話をしたらいいのか、ご指導いただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。
私の年収は現在270万円ほどです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.

まず、既婚女性であることを知らなかったのであれば、慰謝料を 支払う義務はありませんので、そのように反論してください。

次に、既婚女性であることを知りつつ交際した場合ですが、交際によって婚姻関係を破壊してしまった以上、慰謝料の支払い義務は免れません。
その額ですが、
・交際期間の長短(不倫が短ければ慰謝料も低くなります)
・相手夫婦の関係(相手夫婦の関係が破綻していた場合には、慰謝料の支払い義務はありません。もともとの関係が円満であったほど、慰謝料は高額になりますので、相手女性の意見を聞いて、すでに仲が悪かったのであれば、そのように言ってもらいましょう)
・肉体関係の有無、回数(この点に言及するのは、挑発になりかねませんので、裁判が近づいてからでもいいかもしれません)
・年収
などです。

これらの点で質問者様に有利な事情を挙げて金額、分割払いなどを申し入れてみてはいかがでしょうか。

jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問