JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4406
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お早うございます。 またお世話になります。  ご回答の中にありましたが、現在、持家はオーバーローンの状態だと

解決済みの質問:

お早うございます。
またお世話になります。

 ご回答の中にありましたが、現在、持家はオーバーローンの状態だと思います。加えて、当方は連帯債務者になっており、今の状態では、当方に被害が及ぶ危険な状態です。
その場合、やはり夫に譲渡はせず、持分を買い取って貰った方が宜しいでしょうか。

 またご指摘のありました夫の債務 ですが、当方は全く金額が把握出来ず、夫が持っていた書類で推測すると、住宅ローンを除いた状態の金額だと、500~600万円でしょうか。
ただ、これも当方が把握出来る内容ですので、他のものがあるのか不明です。
これも開示して貰った方が宜しいでしょうか。

 正直、何故、夫の代理人(離婚兼債務整理若しくは民事再生)がここまで譲渡を迫るのか、わかりません。
銀行が当方の持分を譲渡してもらう様に促すことはあるのでしょうか。

 本来、離婚の調停のはずなのに、何故か財産の話ばかりですので、本質から外れているように思えます。
多分、夫側は当方の譲渡の回答次第では、調停を即不調にすると思われます。
その後は訴訟になりますが、その場合、どう行った方向で進められるのでしょうか。

 お手数ですが、ご教示願います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

 仮に、離婚される場合でも、オーバーローンが分かっていて

売却などするのは馬鹿げた話です。

もし、そのまま売却すれば、これまでのお話から不誠実さを感じる相手方でも

ありますから、オーバーローンの持ち分割合の債務をご相談者様に

ご負担させようとする可能性があります。

ある意味、そう言う経済的脅しをかけて、離婚の方向性に持って行こうと言う魂胆でしょう。

 また、民事再生をするのであれば、500~600万円の債務だけとは考えられません。

その額だと、100~300万円位に圧縮されるので、ご主人様の年収で

返せないとも考えられません。不動産を任意売却する意図がわかりませんね。

 銀行側は、競売や自己破産されるのが一番怖いので

リスケジュールには応じるでしょうが、売却には良い顔はしません。

現在の経済状況であれば、不動産が一番割に合わない資産だとわかっているのは

銀行自身ですからね。

 とりあえず、先方には

1、債務額等の債務内容の明示

2、任意売却する場合の売却見込み額と処分方法

(こちらは、ご相談者様が、お近くの不動産屋に、どの位で売買できるかお聞きになっても

よろしいでしょう)

3、仮に離婚する場合の、財産分与内容や慰謝料の支払いがあるのか

などを、事前にご主人様の弁護士側に、書面で要請しておいても良いでしょう。

同じものを家庭裁判所に送って、このような確認をしていますと言う状況をご報告しても

構いません。

 もともと、離婚調停の場合は、離婚そのものよりも

離婚条件で、協議が行われることが多いので

相手が、どのように考えているのか、探り合いになると思います。

 離婚を考えないのであれば、今後、ご相談者様もどう修復していきたいか

具体案を「陳述書」と言う形で、次回出されても良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

 こんにちは。大変お世話になっております。

今回もご丁寧にご説明頂き、有難うございます。

ご回答の内容からですと、夫側が試みようとしていることは不誠実且つ当方の生活を脅かす行為なのですね。これは本当に困った話です。

 正直、元々当方から離婚を数年前から言い出しておりましたし、今回の夫の不可解な行動に当方も困惑しているのが現状です。かと言って、今離婚した場合、夫には資力もなく、また財産分与及び慰謝料も望めない為、当方としては、生活の基盤がきちんと出来るまでは離婚には応じないつもりです。修復するにしても、これまで何度となく当方の親が出てきて話し合いを繰り返し、また当方の親の金銭援助を得て、何とか生活をしてきました。

しかし、今回の個人再生の件と離婚申し立てに関しては、当方としては納得できるものではなく、また現在も生活費や光熱費滞納、加えて住宅ローン滞納と言った事実も有り、当方の生活は困窮を極めております。

 この様な状況の中、即、離婚に応じて宜しいのでしょうか。

また自宅売却若しくは破産となれば、当方にも被害が及ぶと思います。

何か講じる手立てがあるのでしたら、ご教示下さい。

 今回のご回答を読み、何となくですが、夫側が如何に酷いことを試みようとしているのか、はっきりとわかった気がします。

 ご回答及びアドバイスをお願い申し上げます。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

現時点では、家庭裁判所の調停が始まっておりますが

仮に、調停で決まったことは、調停調書と言うもので債務名義ができますが

協議離婚で作成する公正証書による離婚協議書と違い、すぐに強制執行ができません。

また、協議離婚と違い、細かい財産等の決め事も出来ないのが現実です。

すでに、財産的な補償ができそうな場合は、調停を取り下げさせて

協議離婚として公正証書で離婚協議書を作成した方が

ご相談者様には有利な条件で進むかもしれません。

 ご主人様側は、離婚をしたがっているのはわかりますが

現在は、脅迫的な形で、もっと言えば、経済的な恐怖感を与えて

離婚を迫っていますが

 ご相談者様が、離婚に合意すれば、財産分与に関しても

いろいろ譲歩してくる可能性があります。

特に、離婚は民事的な取り決めなので、慰謝料や財産分与もいろいろ

ご相談者様の有利にも決められますし、長期間の慰謝料の分割支払いや

扶養的財産分与(生活が安定するまでの生活費)も可能かもしれません。

それを公正証書で作成すれば、未払い時に、強制執行が可能です。

調停調書だと時間や手間がかかるのです。

強制執行は、会社が第三債務者になるので、会社の給料から差し押さえる形ですので

とりっぱぐれは無い形になります。

ご主人様に、ご相談者様が、離婚に合意したらどういう条件を出すか?と

かまをかけてみるのも手かもしれません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

 こんばんは。お世話になります。

ご回答頂き、有難うございます。調停の取り下げが可能なのですね。ただ、夫側は強硬な姿勢ですので、譲渡に応じなければ、即、訴訟及び裁判にすると思います。

 当方としてご確認したいことは、協議離婚で決まった公正証書と訴訟できまった内容、若しくは裁判で決まった内容の中で、どれが一番効力のあるものになるのかがわかりません。

これに関しては、どれが最善の方法なのでしょうか。

 また調停の席で、夫側代理人が夫が5月半ばより外資に転職した、と説明したそうです。今は、まだ民事再生若しくは債務整理の手続きの段階だと思いますが、裁判所で決定した内容に基づいた支払が始める前に、転職は可能なのでしょうか。

当方は夫の転職先は知らない為、扶養にも入れず(入れてもらえず)、保険も年金も自分で加入致しました。婚姻関係が継続中であれば、扶養する義務はあると思うのですが、この調停の段階では、無理なのでしょうか。

全てに於いて、ご指摘通り、脅迫的なことばかりされておりますので、当方として、今当方にある権利を行使したく思っております。

 どのようにしたら、この件を夫側が了承し、手続きをしてくれるのでしょうか。

 お手数とは存じますが、ご回答の程、宜しくお願い申し上げます。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

この時期に、外資系に転職するとは、余程、実力のある方か

営業実績等に自信があるご主人様だと思われます。

そう言う意味では、自ら進んで転職されたとなると

ますます、年収が増える可能性はあります。

そうなると、ますます、民事再生のことが不可解に思われます。

弁護士の先生を雇われているので、最近の弁護士の先生がリスクをとってまで

代理人となることはないので、余程の報酬額が可能であることの表れかもしれません。

強制執行が主体であれば、やはり協議離婚で、離婚協議書を公正証書で

作成すべきかもしれません。

裁判まで持ち越すのは得策ではないでしょうし、和解になる可能性が

高いのであれば、協議で少しでもご相談者様に有利な方向性で行く方が良いでしょう。

 もし、離婚をされても構わないのであれば、協議離婚のご提案をされても

良いと思います。

まず、一番基本的なことで、9割以上が協議離婚であるのに

調停離婚以上だと、戸籍に調停離婚とか裁判離婚と記載されることは

今後の、再出発等において双方が不利になることもございます。

再婚などする時に、調停離婚であれば、何かあったと相手に勘ぐられますし

お子様がいれば、戸籍を見て悲しむこともあります。

ご相談者様が納得がいく離婚条件を提示してみてもよろしいのではないでしょうか。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
満足したユーザー: 4406
経験: 中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    835
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    835
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問