JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

主人(54歳) 娘(27歳、23歳、13歳)未婚  私(54歳) 主人は一流メーカーの所長をしています。 娘2人は

解決済みの質問:

主人(54歳) 娘(27歳、23歳、13歳)未婚  私(54歳)
主人は一流メーカーの所長をしています。 娘2人は社会人、私はパートで働いています。

主人が家を出て10年になります。子煩悩な人でしたが『子供も家族もいらなかった』と言い残し、それでも時々は帰宅していましたが・・・2008年9月以降は全く帰宅せず、居場所も言わず、携帯もメールも繋がらず急用時には会社の代表電話が頼りの状態です。
昨年からは生活費も遅れがちで月平均6万円での生活でしたが、今年に入り『月12万は入 れる』と言いつつ入金のない状態です。 
今回、固定資産税などの請求をしたところ『考えておきます』との返事・・・生活費12万のみ振り込まれていました。

家を出る頃は、一日中パソコンに向かい全く会話もなく目つきも変わり・・・うつ病なのでは? と心配し。
出たいと言うのなら家から出してあげた方が良い結果になるのでは? と、主人のやりたい様に見送りましたが、うつ病だったら一緒に治療するべきだったのではないかと後悔しています。
子ども達に逢いたくないの?と尋ねても返事はありません。

私たちには生活費を受け取る権利はないのでしょうか? 主人には生活費(中学生の娘の養育費)を支払う義務は無いのでしょうか?
住宅ローンの支払いをしてもらっている家に住まわせて頂いているだけでも幸せと思い、生活費まで請求する権利はないのでしょうか?

離婚は、私は全く考えていませんし、いつか主人が帰ってくる事を期待して待っているのですが、主人の考えはわかりません。

法律の事は全く解りません。 未成年の娘と、妻である私にはどんな権利があるのでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。お困りの状態が続き、我慢も限界が近いのではないかと思います。どうか、無理はなさらないでください。

1 >私たちには生活費を受け取る権利はないのでしょうか?
夫婦は互いに協力する義務があり(民法第752条)、直系血族・同居の親族も扶け合わなければならない(民法第730条)とされています。
ご主人の収入に頼る家族形態であると思いますので、生活費を受け取る権利があります。

2 >主人には生活費(中学生の娘の養育費)を支払う義務は無いのでしょうか?
1と同じです。生活費と養育費は、完全に重なるものではありませんが、支払い義務があることには変わりありません。

3 >住宅ローンの支払いをしてもらっている家に住まわせて頂いているだけでも幸せと思い、生活費まで請求する権利はないのでしょうか?
1・2と同じです。住ませるだけでは生きていけませんから、生活費を請求する権利があります。

4 >未成年の娘と、妻である私にはどんな権利があるのでしょうか?
未成年者には、養育費や生活費を支払ってもらう権利があります。質問者様には、原則としてご主人の収入の半分をもらう権利があります。2人で稼いだお金だということです。これが1~3で述べた回答とお考えください。

法律問題としては、上記のような回答となりますが、仮にご主人の会社の経営状態が悪い(=実は収入がない)ということになると、生活費の捻出は難しいものと考えられます。ご質問の状況からすると、離婚する意思はご主人にもなさそうですし、夫婦関係が悪い事情はうかがわれません。もっとも、どこかに宿泊していることは確実ですので、ご心配は尽きませんね。
従来からうつ病では?との懸念があったということですから、会って本心を聞き出すことが、本件解決の出発点ではないでしょうか。お金を請求するにも、話し合うか文書を送る必要がありますが、会社に直接文書を家族から送ると会社からのご主人の印象が心配です。なんとか最善の措置をとられてください。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問