JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

初めて質問させていただきます。 離婚を考えておりまして、その財産分与についてです。 私は39歳でパートに出ており

解決済みの質問:

初めて質問させていただきます。
離婚を考 えておりまして、その財産分与についてです。
私は39歳でパートに出ており、月に10万ほどの収入があります。
主人は40歳で月に25万程の収入です。

結婚11年目です。
最初の5年は私もフルタイムで働いており、主人以上の収入がありましたが
事情があって退職しました。

持ち家でマンションがあり、ローンの返済があと29年残っています。
購入時に主人の母が頭金で1000万円を支払い、その分は母の名義になっています。
残り約1000万円を主人の名義でローン契約しました。
契約時の諸費用や、頭金の一部(母の1000万円以外)に400万円ほど現金で払いました。
その時に支払った現金は、ほとんど私の貯金からです。

このような場合、マンションの財産分与の考え方はどうなりますでしょうか?

よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

まず、財産分与というのは基本的には半々に分けるものですが、法律で明確に決まっているわけではなく、お話し合いで解決するべきものです。ですから、不動産をどのように分けるのかは、話し合いで解決できるのであれば、好きなように解決してしまって構いません。

お話し合いで解決できないのであれば、一般的な基準によって解決することになるでしょう。
ここで、半々に分けるというルールを用います。
ローンが残っている場合ですが、
不動産が3000万円だとして、ローンが1000万円残っている場合、不動産の価値を2000万円と考えて、不動産を取得する者が、不動産を取得しない者に2000万円支払うという方法で解決することが多いです。
本件では、質問者様が契約費用などのほとんどを支払ったとのことですが、この400万円が夫婦共有財産であったといえるかどうかが問題となるでしょう。400万円が婚姻前から貯めていたお金であれば、上記の処理から400万円分を質問者様に多く分与するという処理もありえましょう。

また、上記のような処理をすると、不動産を取得する者が、取得しない者に多額の現金を支払うことになるものの、それを支払うことができないというケースが多々ありますので、不動産を売ってしまい、売却額を2人で分けるという解決法もよく採用されます。

本件では、一部義理の母名義となっているようですので、質問者様が不動産を取得するとなると、義理の母名義を外さない限り共有状態になります。共有になると、いざ処分しようとするときに問題が起きる可能性がありますので、注意が必要です。

まとめますと、
・第一に話し合い。
・第二に半々が大原則。半々の実現の仕方は、特別決まっているわけではないということです。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問