JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員
67515089
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

離婚を考えていますが、実家に帰ることをゆるされておらず、勝手に帰ると怒ります。かといって帰りたいと言っても帰らせても

質問者の質問

離婚を考えていますが、実家に帰ること をゆるされておらず、勝手に帰ると怒ります。かといって帰りたいと言っても帰らせてもらえない状態です。そこで、最後の手段として旦那のいない間に家を出ようとおもっているのですが、家計管理は妻である私がしており、キャッシュカードや、通帳は私がもっています。実家で当分生活できるほどのお金は手元にないため、貯金を崩そうとおもっているのですが、旦那名義で貯金通帳をつくっています。この状態で勝手におろして実家に帰るということは可能でしょうか?

ちなみに、主人はDVがあります。言葉、暴力どちらもです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.
1 ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士rikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

2 離婚後は、財産分与をします。婚姻中にお互いが築いた財産を清算することです。

 ここがポイントですが、たとえ名義は一方の配偶者となっていても他方の協力があってのことであり、潜在的に夫婦共有財産と考えられます。

 妻が職業を持っていた場合も、持っていなかった場合も同様です。

 夫婦は共同生活をしている間、協力して一定の財産を形成しますが、それは多くの場合、夫名義の財産とされます。

 しかし、夫名義の財産とされるものでも、その実質が妻の協力貢献によって形成維持されたものについては、離婚の際に、貢献の割合に応じて清算されるのが普通です。

3 また、別居中でも夫婦は互いに扶養義務を負いますから、夫は、生活費を支払う義務があります。

 勝手に引き出すことは確かに問題ですが、返還請求をされたときに、法律上の根拠を示すことは可能だと思われます。

4 拙い回答ですが、一助にされてください。それでは。

質問者: 返答済み 5 年 前.

返還請求をされたときに、法律上の根拠を示すことというのはどういうことでしょうか?

私がなぜそういう行動に至ったかということでしょうか?

また、お恥ずかしながら、主人はギャンブル癖があり、やめてほしいと言ってもやめてくれず、工面するため(思い通りにいかないと暴力という流れがあり)とてもじゃないですが、普通の仕事では生活ができず、主人はいまだにしりませんが、風俗で働いていました。

どれほど貢献していたかと言われると、風俗の話はもちろんできないのですが・・・

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

1 家族関係専門の行政書士rikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

2 >私がなぜそういう行動に至ったかということでしょうか?

そうですね。共有財産であるから、自分にも権利はあるという主張をされるといいでしょう。

 

  また、生活費を要求できることを主張してもよいでしょう。

 

3 >風俗の話はもちろんできないのですが・

 専業主婦として考えますと、実際の裁判例では、大部分が3割から5割の範囲内で、家事労働の財産形成への寄与度により判断されています。

 

女性は、外で働くだけが貢献ではないわけです。

 

4  名義の預金が結婚前からのものである場合は、財産分与の対象にはなりません。しかし、結婚後の妻の家事労働により、夫の預金が減らずにすんだような場合は、その分は、2人で築いた財産と考えられるので財産分与の対象になります。

 

 結婚後、双方の収入をあわせて1つの家計として管理し、預金をどちらかの名義で行っていたような場合でも、実質的には2人で築いた財産と考えられますので、財産分与の対象になります。

 

 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問