JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

初めまして。 私は離婚経験があり、前夫との間に子供が1人(男の子5歳)います。長男の親権者は私です。 現在は未婚

解決済みの質問:

初めまして。
私は離婚経験があり、前夫との間に子供が1人(男の子5歳)います。長男の親権者は私です。
現在は未婚で現在交際中の男性の子供を妊娠中(8ヶ月)です。
交際相手とは一緒に暮らしており、長男は彼を父親だと思ってます。

色々な事情から現在の交際相手と結婚するかどうか迷っており、結婚しなかった場合の子供へのデメリットがどのようなものがあるのかが知りたいです。


以下は未婚のまま子供を出産した場合の質問です。

・公正証書などの作成により、これから生まれてくる子が法的に摘出子と同じ状況にすることが可能かどうか。(例えば相続権など)

・私が死亡した場合、長男の親権者は誰になるのか。

・私は個人事業主で小さなお菓子屋さんを経営してますが、私が死亡した場合、交際相手に経営を引きついでもらうことが可能かどうか。


上記の3点です。
どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
おはようございます。以下、ご質問に回答します。

1> ・公正証書などの作成により、これから生まれてくる子が法的に摘出子と同じ状況にすることが可能かどうか。(例えば相続権など)
 可能です。父親に認知をしてもらう必要があります。裁判で強制的に認知をさせることも可能です。認知によって、嫡出子になります。

2 >・私が死亡した場合、長男の親権者は誰になるのか。
 そのときに長男が成年になっていれば、親権者はつきません。未成年であれば、親権者死亡の場合として、未成年後見人が子の財産等を管理することになります。誰が就任するかは遺言で指定することができます(民法839条1項)。

3> ・私は個人事業主で小さなお菓子屋さんを経営してますが、私が死亡した場合、交際相手に経営を引きついでもらうことが可能かどうか。
 これは相続問題ではなく、質問者様と交際相手の問題です。交際相手との間で合意できれば引き継ぐことは可能ですが、強制的に引き継がせることは不可能です。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お返事ありがとうございます。

私と子供と交際相手との関係はとても良好で、交際相手は周囲からの信頼もある方です。

私や交際相手が万が一死亡した場合、長男と今から生まれてくる子供を平等に守りたいというのが私達の意向です。

そこでもう少し質問がございます。

1 ・認知は家庭裁判所で手続きするのでしょうか?

  ・出産後でなければ認知はできないのでしょうか?(死産などもあるでしょうから、できな        いような気もしますが・・)

  ・出産前でも認知が出来るとしたら、出産前と出産後にする認知に何か違いがでるのでしょうか?(例えば戸籍の記載のされ方など)

  ・認知だけで、相続権など長男と同じ状況になるのでしょうか?それとも、公正証書を作成して何か補足しなければ長男と同じ状況にはならないのでしょうか?

3 ・交際相手には現在お店を手伝ってもらっており、お客様やスタッフからも信頼があります。私が死亡した場合、交際相手がお店を引き継ぐ事は彼の意思でもありますが、具体的に引継ぎを遺言等に残す必要があるのでしょうか?

以上につきまして、再度宜しくお願い致します。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
上から順にお答えします。

1・認知は認知届によってします。役所に提出します。
本件では、ご心配なさそうですが、訴えの場合は家庭裁判所です。

・出産前から認知可能です(民法783条1項前段)。

・違いはありません。

・婚姻関係によって生まれた子ではないので、相続分は長男の半分です(民法900条4号)。遺言で相続分を明記しておくことで、回避可能です。

3.個人事業主とのことなので、質問者様が死亡した場合には、相続人が承継します。交際相手は相続人ではないので、遺言に事業を遺贈する旨を記載するといいでしょう。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問