JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4767
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

アルコール依存症の夫の暴力や暴言に耐え切れず、何かにつけて離婚を言われ今回私も同意しました。 すんでいる家と月々6

質問者の質問

アルコール依存症の夫の暴力や暴言に耐え切れず、何かにつけて離婚を言われ今回私も同意しました。
すんでいる家と月々6万円を慰謝料として渡すという条件を提示してきたので、承諾したのですが、家は夫の父が24年前に建ててくれた物です。その他、昨年夫 の母も亡くなり資産家でしたので土地や現金も遺産相続しました。  特別財産なので、おまえにやるものは何もない・・・と当初の条件を覆し始めました。
5年程前から、精神的に参ってしまい、心療内科にも通い現在も薬が手放せない状態です。
昨年7月に運転手の仕事をしていた夫はアルコール検査で仕事を辞め、現在無職です。
このような場合、私は財産分与や慰謝料を請求する事はできるのでしょうか?
どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 アルコール依存症の方の暴力は、かなりの長時間、罵倒されたり

暴力を受けたりと大変だと思います。

酔った勢いで、暴力も凄まじいものになる場合も多いようです。

 DVそのものも傷害罪として問えますし、ご相談者様が心療内科に行かれるほどの

精神的ダメージを与えられたことも傷害罪にあたります。

 そう言う意味では、早目に、その約束で、離婚協議書を公正証書で作成して

協議離婚されれば、法的には問題が無かったと思いますが

やはり間をあけてしまったり、第三者の専門家等を間に入れなかったために

冷静に考えると損だと、ご主人様がずる賢くなっているのでしょう。

 確かに、相続財産等は、共有の財産ではなく、ご主人様の固有の財産と

なってしまいます。そこは財産分与の対象にはなりませんが

慰謝料と言うことは別の話で、その固有の財産からもらうことも可能です。

また、ご相談者様が、専業主婦であるなら、病状のこともありお勤めも

できないと言うのであれば、「扶養的財産分与」と言うのも可能です。

もともと、ご主人様にDVと言う有責性がある訳ですから

拒否はできません。

 考え方として、本当は、別居された方が良いのですが

その家も財産分与等の対象と考えるのであれば、ご主人が出て行かないで

ご相談者様が出て行くのは、財産を横取りされる危険性はあるでしょうね。

 そう言う意味では、家庭裁判所に離婚調停を申立てて

調停委員にきちんと財産分与なり慰謝料の条件をまとめていただいた方が

良いかもしれません。

調停自体は、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要も

ございません。

とは言え、できれば、離婚専門の行政書士や弁護士の先生にサポートして

もらいながら進めて行く方が良いでしょうね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご丁寧なご回答をありがとうございます。 とても参考になりました。
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

少しでもお役に立てて幸いです。

また、いつでもご相談下さい。

 お礼の言葉やご挨拶は、フィードバックでするシステムになっています。

この文面には、ご承諾はしないで下さい。

課金されます。

頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問