JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

よろしくお願いいたします。面接交渉絡みの相談です。8歳の息子がおります。元夫はギャンブル依存症で、異常な粘着質の人間

質問者の質問

よろしくお願いいたします。面接交渉絡みの相談です。8歳の息子がおります。元夫はギャンブル依存症で、異常な粘着質の人間。仕事は楽。自転車か徒歩で行ける距離に住んでいます。

調停で離婚後半年(別居後1年)です。「面会は月2回程度とし、面会のしかたについては子供の福祉に配慮して双方で相談のうえ決める」と調停で決めました。

ただし、息子の誕生日パーティーの場所に押し掛けてこようとしたり、断っているのにうどんを作って持ってきたり、先方が子供の教育方針や生活習慣の細かいことまで口を出してきたり、自分勝手な言動を繰り返したり、挙句に当方で面倒をみている猫が病死したことに ついて、自分に伝えてこなかったことを責めるところから始まり、猫に対する私の対応が悪かったとひどい文面を送りつけてきたり、息子にもいろいろ吹込んだり、ひどい言動がつづいており、(猫のことは、「面会のこと以外はやりとりしない」として、一切反論していません)

そんななか5/5の面会当日の朝突然、「息子に電話させてください」とメールがきて、「面会については親が相談と調停できめたので、メールください」と返したら、ガンガン電話をならし、さらに「出さないなら次回から面会前日に児童館にいく」と脅しメールがきました。この場は無視を通しましたが、

その夜、改めて、調停の決議に従ってくれ、ということと、児童館に行くはおかしいので撤回するように、ということと、こちらは月2回の面会を設定し、息子を快く送り出し、迎え、父親を悪くいわない、で精神的に限界だ、と送ったところ、

月2-3回で限界なら、親権を放棄するか、カウンセリングに行ってださい、と返信してきました。
これにはあきれてしまい、返信していません。
この状況下、20日が次の面会日なのですが、

客観的に、どうするのがベストか、極力やりとりを避けたいので、面会させるかわりにXXXX、というひとことで片づけるには、どう書き送るのがいいでしょうか?
親権を放棄しろなどと、いわせて放置しておいていいものか、懸念しております。
本当はこんなおそまつな人間とは子供を会わせたくないですが、子供は何もしらず、喜んで会うので、
非常に難しい状況です。

よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
面接交渉権については、月2回と合意した以上、面会はさせるしかないでしょうね。
会わせないことができるのは、主に子の福祉に反する場合ですが、
お子さんは喜んでいるということなので、お子さんのことを理由に面接は断れなさそうです。

また、面会することはすでに決まってしまっていることなので、
「面会するかわりに・・・」と面会に条件を付ける合意は、強くお勧めできません。

本件は、法律の問題というより家族の問題を含んでおり、できればお話し合いで解決したいところですが、この事態を法律的に解決するのであれば、新たに調停を申し立てることです。
調停事項の変更、子の監護に関する調停などが考えられます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございました。

ただ、20日の面会について、どう対応すべきか、というところをお聞きしたかったのですが、調停にかける、という一般的な手は、今までも散々いろんな専門の方から言われたものの、実際は非常に難しいと考えています。調停員にもいろんな方がいらっしゃるので、状況が悪化する恐れもあると考えます。

ご回答いただけるレベルがよく分かっておらず、失礼しましたが、当方が希望するところと少し違いますので、この無料トライアル期間にて打ち切りとさせていただきたく、よろしくお願いいたします。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
そうですね、やはり一度調停で決めてしまっていることが、本件のハードルを高くしてしまっています。そのため、専門家が似たような回答をすることになってしまっています。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問