JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員
67515089
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

夫フランス人 私日本人 日本在住です。6年前に夫がやっていたワインバーが上手くいかず多額の債務を抱え愛人と当時6歳の

質問者の質問

夫フランス人 私日本人 日本在住です。6年前に夫がやっていたワインバーが上手くいかず多額の債務を抱え愛人と当時6歳の息子、4歳の娘を連れてフランスへ失踪。当時学生だった私がいない間にパスポート、預金、全て持ち去られました。残されたのは借金。日本はハーグ条約に同意していないため、警察へ相談したところで、親子であり、夫婦関係が成立しているからと、捜査してくれず、フランス政府の支援により、彼の居場所を特定し、フランスで裁判し、1年後子どもを日本へ連れて帰ることができました。その後彼はフランスでの子ども手当がもらえず生活に困り、愛人の不法滞在も重なり日本へ帰国したようですが、私には一切その所在は明らかにされず、時折いつか仕返しをすると の脅迫メールが届き、また子どもを誘拐されては困るので、弁護士に'相談したとところ、彼との離婚を成立させた方が良いとの事でした。しかし、彼の居場所はわからない、メールに返信したところで返答はない。このような状況のなかでしたので、弁護士と相談し、彼自身法廷に訴え出る可能性が低いと言うこと、子どもを守るということから自分で離婚届にサインをし、提出してしまいました。
しかしあれから5年。夫から離婚しろ。離婚しなければ家にに戻り、問題を起こす。やくざの友人もたくさん連れていく。どうなってもしらない。とのメールが届きました。それと同時に私の母へ電話し、離婚しないと家に火を付けると脅したそうです。私は彼との離婚はすでに成立しているため、離婚に関しては同意してるのですが、彼とは失踪以前何のトラブルもなく、失踪した前日まで楽しく話しもし、愛人の存在には全く気がつきませんでした。気がついた時には夫は既に渡仏。愛人も子どもも引きつれ、残ったのは借金と彼がして来た事の後始末。結局多額の費用を使いフランスで裁判を起こし、子どもは戻って来たことで、新たに新生活をスタートさせ、やっと落ち着いたところ、こんな嫌がらせがあり、以前の怒りが治りません。勝手に愛人を作り、子どもも取られ、借金の支払いの数年。
彼は未だに上から目線で私に当然のように離婚を迫る。許せません、
私には勝手に離婚届けを提出してしまった。という負い目があります。が、しかし、こんなフランス人をこのままにしておくなんて許せない。どうしたら良いか悩んでいます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

1 ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

 メールですし、しかもこの程度の情報量ですから、なかなか適切な回答は難しいものです。すべてのご質問者様に、ある程度の予備知識を付けていただき、これをもとに具体的な解決方法を模索していただきたいと願っています。

2 勝手に離婚届けを出したのはまずかったです。偽造罪も成立し得ます。弁護士がついていたのに、なおさらです。

 ただ、ご相談者様にもご事情があったのですよね。

3 夫から離婚しろ。離婚しなければ家にに戻り、問題を起こす。やくざの友人もたくさん連れていく。どうなってもしらない。とのメールが届きました。それと同時に私の母へ電話し、離婚しないと家に火を付けると脅したそうです。

 

 これに関しては、脅迫罪が成立しえますが、それに付随して、ご相談者さまの偽造罪もあやしめれますから、ヤブヘビかもしれません。

4 こんな嫌がらせがあり、以前の怒りが治りません。勝手に愛人を作り、子どもも取られ、借金の支払いの数年。
彼は未だに上から目線で私に当然のように離婚を迫る。許せません、

 このことに関して、慰謝料請求をする、ということが考えられます。

 

これは、民法709条、710条に基づく、「不法行為に基づく損害賠償請求」ということになります。

 また、相手の男性の不貞行為が原因で離婚につながった場合は、相手の女性も含めて相手方として、民法719条の「共同不法行為」であるとして、損害賠償請求することも、考えられます。ただ、認められない場合もあります。

5 国際関係は一度わきに置いて、シンプルに考えてみました。一助にしていただければ幸いです。それでは。

rikonnsouzokuをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問