JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

現在17歳の息子がいます。昨年の初めに同じ学校で交際していた女性(現在20歳)から妊娠したとの話がありました。 息

解決済みの質問:

現在17歳の息子がいます。昨年の初めに同じ学校で交際していた女性(現在20歳)から妊娠したとの話がありました。
息子は高校生であり収入もない事から、出産はあきらめて欲しい旨を相手両親を交え伝えました。
しかしながら、女性はどうしても出産したいとの事から結局出産に至りました。
私は、自治体の無料法律相談会ですがどうしたら良いか相談したところ、女性の判断した事であり当方側は何も心配する事はないとの意見でした。
心配であれば、認知などを要求しないなど一筆書いてもらえば良いとは言われましたが、その後先方から特に言ってこない事からそれはしていませんでした。

その後、出産から半年後くらいから、一人での育児が大変だとの事から一時的に子供の世話をして欲しいと相談を持ち込まれました。女性はキャバクラで働いている事がその時点で分かりました。

女性は一人で育てるので息子には期待していないとの事でしたので、その時は、一時的にと事もあったので、複雑な気持ちはありましたが、面倒を見たところ、それ以降子供だけでなく女性も私の家で同居している様な形となりました。
息子は、登校拒否などの過去があり、そういう子供を対象に した学校に在籍していました。
その為、その時点でも殆ど学校に行かなかった事もあり、昼間は息子とその女性、夜や休みの日は私と家内で子供の世話をする日々が続きました。
しかしながら息子は子供の世話をすることが嫌になり、ある日世話を拒否したところ女性と息子の間でトラブルが生じました。トラブルとは、息子のパソコンを、その女性が修復困難なほどに破壊をした事です。

女性は、弁償を拒否したため、女性の両親に相談したところ、パソコンの話をきっかけに子供の将来について話したいとの連絡があり、話し合いの場を持ちました。
当方としては、生まれた子供に対して情が移った事もあり、罪がないのでできる範囲で協力をする考えはありましたが、認知をする考えはない旨を離したところ、「認知を拒否しているが、場合によっては強制認知」という方法があると言われました。
決して先方の両親が、認知だけを要求している訳では無く、女性の事は仕方ないので子供の将来の為になる事について協力して欲しいというスタンスの様です。

ネットなどで調べたところでは、確かに調停の結果で「強制認知」というのがある事が分かりましたが、この様な場合もありえる事なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

認知には任意認知と強制認知があります。息子さんが自ら求めるのは任意認知です。息子さんが認知を拒否した場合、裁判所で息子さんの子供であると認めてもらうのが強制認知です。

 

裁判での強制認知は最終手段で、その前に調停が必要になります。いずれにしろ、DNA鑑定が必要になります。DNA鑑定の結果、そもそも息子さんの子供ではなかった場合、認知を求める前提がありませんので。

 

息子さんの子供かどうか分からない段階で、認知に同意する必要はないと思います。

 

DNA鑑定の費用が相手が望んでいるのなら相手の負担になります。白黒をハッキリさえるためには、相手が望んだらDNA鑑定を受け、白黒をつけることいなります。

 

仮にDNA鑑定で息子さんの子供ということになった場合は、養育費などが発生します。

 

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

先般、ご質問頂きました内容に回答させて頂きました。

 

 

回答内容に納得いただけましたでしょうか?ご不明な点がございましたら回答致しますので、改めてご質問下さい。

 

 

ご納得頂けましたときは然るべき対応をお願い致します。

質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございます。
強制認知については分かりました。またDNAについても近々に鑑定をしてもらう予定です。

しかしながら質問の最初に記述しましたが、

「私は、自治体の無料法律相談会ですがどうしたら良いか相談したところ、女性の判断した事であり当方側は何も心配する事はないとの意見でした。」

という内容は間違いという事になるのでしょうか?
もしくは、一筆もらえば強制認知は拒否することができたのでしょうか?

申し訳ありませんが、この点についてお教えください。
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

「私は、自治体の無料法律相談会ですがどうしたら良いか相談したところ、女性の判断した事であり当方側は何も心配する事はないとの意見でした。」という内容は間違いという事になるのでしょうか?もしくは、一筆もらえば強制認知は拒否することができたのでしょうか?

自治体の無料法律相談会に当方は同行した訳ではないので、その時、回答者がどういうアドバイスをなさったかは分かりませんが。

 

息子さんX、相手の女性Y、お子様(ご相談者からするとお孫さん)をAとします。認知請求県はAがXに対して持っているAの権利ですよね。 Yの権利ではありません。 Yは権利者ではないので、Xに対して私は認知請求しませんという権利はそもそもありません。

 

本当に自治体の法律相談でそのようにアドバイスしたとしたら、言いにくいのですが、間違った内容ということになると思います。

 

ただし、私がその時、相談員だったら、以下のようなアドバイスをしたと思います。認知はAの権利であってYの権利ではありません。しかし、Yには(Aが未成年の間)Aに代わって認知請求しないという一筆をもらっていけば、法律上は兎も角、事実上はYはその文書に拘束されて、認知請求してくる可能性が低くなるかも知れません。 これぐらいが、法律家としてアドバイス出来るギリギリのラインではないかと思います。

 

実際に一筆もらっていたとしても、裁判所は、「子Aの父Xに対する認知請求権は、身分上の権利であるから、放棄することができない」と考えています。従って、誓約書に「認知の請求をしません」と書いてあっても、裁判所は認知請求を認めているようです。

 

ご参考になりましたら、幸いです。

 

shonansolicitorをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問