JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kionawakaに今すぐ質問する

kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 1349
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

2か月前に突然家を出て、実家に住み始めた配偶者。結婚当初から数々の暴言、無関心に耐えてきたのですが、2年近く前から家

質問者の質問

2か月前に突然家を出て、実家に住み始めた配偶者。結婚当初から数々の暴言、無関心に耐えてきたのですが、2年近く前から家庭内別居が続いておりました。
2度の借金(返済済み)や、家計に手を付けられた挙句、2か月前に突然出勤後帰宅しなくなり、どうやら実家に帰っているみたいなのですが、離婚しかないという結論には達したものの、離婚に向けて何度か家出をするまでに話し合いを持ったり、主人の両親 が怒鳴り込んできたりと口頭での話し合いは進んでいたのですが、その内容を書面にするというと、待ったがかかり、なかなか書面としての話し合いが進みません。先日、私の実家の母にたして”○○(私)とは一緒に住めません”と一喝。前触れもなくいきなり結論だけ行ったのです。住宅ローンもありますし、養育費(子供2人)のこともあります。書面にしておきたいのですが、配偶者の勝手ばかりが優先され、毎日が大変です。今はメインの給与のみもらっているのですが…この先もという保証が全くありません。毎日不安を抱えながらの子供と3人の生活に疲れています。何かいい方法はありませんか?配偶者曰く「責任は取りたくない。お金もとりあえずは」という言葉でごまかされています。又、話し合いもいつになったらと聞くと”近いうちに”というばかりで2か月前にもそういわれ、つい最近も同じことを言われてしまいました。近いうちとはと尋ねると”わからん”とか”言葉通りや”といわれはっきりしません。このままずるずるとした婚姻生活に終止符を打って早く新しく出発をきりたいのですが。法的に訴えればいいのでしょうが、方の上で行くと、養育費等の金額がぐっと下がり、子供たちの生活をも改善させないといけなくなるので極力避けたいのですが。良い方法はありませんでしょうか?よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

お問い合わせいただきありがとうございます。

現在、別居状態にあるにも関わらず、離婚の話がなかなか進まないというようですね。

「家族間で書面を作成」とありますが、これは避けられたほうがよいかと思います。仲裁役の法律家を入れて行うというなら別ですが、出来上がったとしても、内容不履行の場合、裁判を経なければならないことになります。公正証書にすれば問題ないですが、自分に不利な条件で作成してしまうと、あとで困ることになります。

直接話をすることをやめ、まずは管轄家庭裁判所に調停を申し立てましょう。申し込みは簡単です。調停は特に弁護士を立てなくても大丈夫です。費用も少額で済みます。申し込み方法もさほど難しくなく、係官が書き方を丁寧に教えてくれます。

お互いの住民票が必要ですが、配偶者が住民票を移していない可能性もあります。基本的に住民票の住所へ、通知を送ることになりますが、事情を相談してみましょう。無理であれば、配偶者の実家へ配達証明郵便で自分で送付しましょう。

養育費は、裁判になると、「基準」に従った額で決まることが多いですが、調停では互いの要望により上下することになります。

訴訟になりますと、お金と時間(調停でも時間はかかりますが)がかかるうえに、陳述書、答弁書で、お互いの痛いところのつつきあいになって、精神的にも疲労します。

調停では、調停委員を介した間接的な話し合いになります。感情的になることもありません。落ち着いてご自分の要望を話しましょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.
書面作成後家族全員署名し、大人のみ捺印をして、それぞれ一通づつ持つようにしようと思っているのですが、それでもだめでしょうか?

配偶者は自分で決断ができず○○が言ったからといってすべてを人のせいにする癖があるので今回だけは署名捺印をしてからの書面の作成を二種類(別居合意書と離婚協議書)を作成しようと思っているのですが。
やはり無謀なのでしょうか?
専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

あなたが納得できる内容であれば、離婚協議書を公証役場へ行って「公正証書」としておくべきです。こうしておけば契約不履行の際、誰がどうこう言ったなどとは関係なく、直ちに強制執行に移ることができます。

また、公証役場へ行く前に、離婚を扱っている行政書士に一度文面をお見せになって相談されたほうが堅実です。

「別居合意書」はあくまで、婚姻期間中のことと思われるので、公正証書にはできないと思いますし、拘束力もないものになってしまうでしょう。その点ご注意ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございました。

 

今現在、離婚届に配偶者のサインが入って、なおかつ、配偶者の父親の承認の署名捺印があるのですが、

まだ書類を提出してないので、婚姻期間中ではあります。

 

ただ、公正証書を作成するに当たっては知り合いの行政書士等いないので、予算等がすごく心配です。

なぜなら、今まで貯蓄を使われてしまっているので、今現在生活をっするのがやっとです。

出て行った配偶者の車両関係以外のすべてを支払いしないといけないのでしくはくしています。

 

ので、ほかに捻出できないのでこのままだとズルズルいきそうなのでどうしたらいいか・・・・

 

 

専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

お困りのことよくわかります。

行政書士の報酬は、弁護士のように高くありません。先生によって違いはありますが、高くても5万円以内でしょう。ネットお使いなら、お近くの先生を探してみましょう。あと公証人の手数料が2万円ぐらいかと思います。

離婚届けに捺印するのは、焦る必要はありません。すべて整ってからで十分です。あきらめて捺印することだけは避けてください。相手の思うままです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。話がまとまるまでは提出をしないでおこうと思っているのですが、

先月から離婚届の用紙が少し内容変更したのですが、級の様式でも受理はしてもらえるのでしょうか? あと、配偶者の住所についても現住所で記入されていて、そのまま出してしまうと、届け出上は離婚成立になるのですが、同性状態の書類になってしまうのですが、良い解決方法はありますでしょうか?

 

また、配偶者の一方的な育児放棄と、婚姻に伴う同居義務違反等による慰謝料は請求できるものなのでしょうか?

先方いわく、メインの給料を入れているのだから義務を果たしていると主張するのですが、

私自身の精神的苦痛、および子供たちに対する冒涜等に対しても慰謝料を払ってもらいたいのですが、やはり相場道理となるのでしょうか。

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。話がまとまるまでは提出をしないでおこうと思っているのですが、

先月から離婚届の用紙が少し内容変更したのですが、級の様式でも受理はしてもらえるのでしょうか? あと、配偶者の住所についても現住所で記入されていて、そのまま出してしまうと、届け出上は離婚成立になるのですが、同性状態の書類になってしまうのですが、良い解決方法はありますでしょうか?

 

また、配偶者の一方的な育児放棄と、婚姻に伴う同居義務違反等による慰謝料は請求できるものなのでしょうか?

先方いわく、メインの給料を入れているのだから義務を果たしていると主張するのですが、

私自身の精神的苦痛、および子供たちに対する冒涜等に対しても慰謝料を払ってもらいたいのですが、やはり相場道理となるのでしょうか。

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  shonansolicitor 返答済み 4 年 前.

はじめまして。再投稿ということですので、早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

養育費については、裁判所のこの「養育費 算定表」を参考にしてして下さい。http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou/index.html

 

財産分与は結婚「後」二人で築いた財産が対象になります。慰謝料は、DV(実際の暴力)や夫の不貞行為(浮気)が請求の対象になります。

 

夫が公正証書の作成に同意すれば可能ですが、同意しないしない場合は調停の申し立てになります。

離婚調停に関する裁判所のサイトです。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_01/index.html

 

行政書士や弁護士に依頼した方が、お金をかけた分、良い内容のものになりますが。

あまりお金をかけられないのなら、自分でやれないこともないと思います。(公証役場や裁判所に時々行きますが、ご本人が相談に相談に来ているケースも見かけます。)

 

 

離婚については、最低限必要な知識を以下の通り、記しておきます。参考になさって頂き、ご質問がございましたら、改めてお聞きします。

 

(1)離婚の類型

・「協議離婚」→約90%。創設的届出。国際的には日本・韓国など少数の国にしか認められていない。

・「調停離婚」→約 8%。報告的届出。

・「審判離婚」→調停の結果、離婚の合意に至らなかったが裁判所の判断であれば従う可能性が高い場合などに家裁が離婚の審判を下すことがある。報告的届出。家事審判法24条1項。

・「和解及び認諾離婚」→裁判上の和解及び請求の認諾による離婚。報告的届出。人事訴訟法。

・裁判離婚→約1%未満。調停前置主義。報告的届出。民法770条。

 

 

(2)協議離婚と調停離婚

・「協議離婚」の長所    夜間や休日の話合いも可能。

・「協議離婚」の短所    公正証書にした場合作成費用がかかる。

             (数万円+原案作成代行費用)

・「調停離婚」の長所   (弁護士を依頼しなければ)費用が低廉。

・「調停離婚」の短所    家裁の調停は平日昼間。

※ 費用・時間帯という点で、両者は表裏のような関係にある。

※ ともに未成年の子がいる場合、必ず親権者を定めなければならない。

※ 慰謝料・財産分与、養育費・面接交渉権は必ず定めなければならないわけではない。

※ 両者の相違点

「協議離婚」届出期間制限なし。夫婦双方及び証人2名の署名押印が必要。

「調停離婚」調停成立から10日以内の届出。届出人の署名押印のみ。

調停調書謄本添付。

 

 

 

(3)離婚用語の説明と実状

(子供の問題)

【親権】(民法819条1項。820条)

「身上監護権」子供の身の回りの世話・躾・教育。

「財産管理権」子供の財産管理。法律行為の代理

【養育費】法律上の根拠は、民法766条。877条~880条。

(判例)

・具体的給付義務期間→「成人に達するまで」

・その後の事情に変更が生じた時→「変更を求め、協議が整わないときは、家裁に請求できる」

・「生活程度の高い方の生活水準によって扶養を受ける権利がある」

・養育費の性質は「生活保持義務である」

・ 【面接交渉権】(条文なし。判例法上の権利)子供の福祉のためにあるので、子供に悪影響がある場合は、裁判所に 面接交渉権を制限されることがある。

・ 【離婚後の子供の氏、戸籍】(民法790条。791条)

父の氏を称していた子を母親を親権者として母親の戸籍に入れたい場合→「子の氏の変更許可審判の申立」→「市区町村役場に許可審判書と子供の入籍届の提出」。

 

(配偶者との問題)

・ 【慰謝料】慰謝料(民法709条・710条)不貞、暴力等の有責行為が対象。精神的苦痛に対する損害賠償請求。性格の不一致など、一方に責任があるといえない場合、慰謝料は請求出来ない。相手方の支払能力を考慮に入れ、協議をすすめる。

 

財産分与(民法768条1項)

「夫名義の預金」実質的に二人で築いた財産は分与の対象となる。名義人だけでは区別できない財産は、双方名義の預金を合算して、共有財産と考え、分与の対象となる。

「ローン付居住用不動産」住宅の時価から分与時のローン残債を差し引いた残額が財産分与の対象。

 「年金分割」

・【本人の離婚後の氏、戸籍】

戸籍筆頭者でないものは復氏が原則(民法767条、771条)。

例外として婚氏続称(767条2項、戸籍法77条の2)。

・【配偶者の離婚後の氏、戸籍】

・【婚姻費用の分担】

 別居中でも、配偶者に婚姻費用を渡す必要あり。生活保護基準方式で通常算定する。

※調停離婚が成立した場合は、調停調書が債務名義(強制執行申立のときの法的根拠になる公文書)となる。

 

・ 各種福祉制度の活用  子供への支援(児童手当・児童扶養手当など) ひとり親への支援(低利貸付・住宅支援・職業訓練)子育て支援

 





 

専門家:  shonansolicitor 返答済み 4 年 前.
ご質問頂きました内容に回答させて頂きました。回答をご理解頂けましたら【承諾】などの措置をお願い致します。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早々の回答ありがとうございました。

すごく詳しく回答いただいたのですが、何点か不明な点があり再度質問させていただきます。

 

配偶者の不貞行為に関しては把握していないのですが、突然家を出て、実家に住み始め他のですが、以前に話し合いをした中で離婚の話し合いの流れで、配偶者の両親が介入すると言ってきています。

 

最近ではまったくの音信不通で、私の携帯からの電話も着信拒否をかけられています。

本人は〈着信拒否は)かけていない。というのですが…。連絡はメールのみとなっています。(たぶん配偶者の親の意見が多大な影響を与えているのですが。)

 

こういう場合どう答えたらいいのでしょうか。

本当に当事者ではなく、双方の親も話し合いに参加させないといけないのでしょうか?

 

ただ、私の父はすでに他界しており、万一両親を立会いの上となると不公平さも出てくる気がするのですが。

 

また、DVといっても精神的だったり、暴言による子供や私に足しての発言、行動も対象になると聞いたのですが、果たしてどのくらい請求できるのでしょうか?

配偶者の無責任な発言によって、子供ともどもふりまわされ、責任逃ればかりするのですが、それについてもい慰謝料としての範囲内に組み込むことできるのでしょうか?

専門家:  shonansolicitor 返答済み 4 年 前.

当方は法律関係業務に20年ほど携わっております。離婚関係のご相談も数百件以上承っていると思います。従いましてご相談者様の新たなご質問には明確にお答えすることがかもうですが。

 

当初ご質問頂きました内容に回答させて頂きました。新たなご質問には、当初の回答に【承諾】して頂いた後に、お答えさせて頂きます。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:その他.
承諾しないと先の回答が得られないのは、いかがなものでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 再投稿と言うことで、わかる範囲でご回答いたします。

ただ、一番最初の専門家の方が、かなり熱心に充分なご回答をされていましたので

回答が遅かったとは言え、ご承諾していただけると助かります。

 私の方は、参考程度にアドバイスいたしますのでご承諾は構いません。

最初の専門家の方が、書いていた、別居の取り決めに関する公正証書も

ございますので、ご検討下さい。「夫婦関係調整の公正証書」と言います。

 1、離婚届は古いものでも受理はされます。基本的に養育費等の

チェック欄で、実際には任意の部分でもあります。

 2、離婚後の住所は、同じ場所でも構いません。お子様の学校の関係で

一区切りがつくまで同居される方もいます。ただし、精神的には相当きついらしいです。

新戸籍ができるまでは2週間程度かかると思います。

 3、男性の育児放棄(ネグレクト)での慰謝料請求は、仕事の関係で難しいなどの

状況によって、請求ができない時もあります。同居義務違反は、悪意の遺棄として

慰謝料請求が可能な場合もあります。

 とりあえず、市役所の方に、「離婚届の不受理の届」は出されていますでしょうか?

離婚届を勝手に出す方もときどきいますのでご注意が必要です。

 4、慰謝料に相場はありませんが、だいたいの額の目安はあります。

大きいのは、やはり不貞行為ですね。とは言え、何千万円なんてことはありません。

仮に、ご相談者様が、就職できなくて収入がないと言うのであれば

慰謝料と言うよりも、扶養的財産分与で考えます。

 5、今回の離婚問題の背景に、ご主人様のご両親様がいたとしても

離婚問題は一身専属権ですから、ご両親様には何ら関係はございません。

とは言え、お孫様のことなど、いろいろ気になることがあるでしょから

口を挟みたくなるのはわかります。

 結論として、やはり、前の専門家の皆様が書かれているように

家庭裁判所の調停をご利用になられる方が良いと言えます。

調停では、ご相談者様とご主人様のお二人だけでの調停委員を交えての

お話合いですから(実際には、ご主人様と顔を合わせることはありません)

そこに、相手方のご両親様が入ることはありません。

 ただ、相手方が弁護士の先生にご依頼するかもしれませんが

金銭的な部分、婚姻費用や養育費は算定表で決まっていてほとんど変更は

ございません。

 精神的なDVに関してモラルハラスメントの場合は、ご相談者様が、心療内科等に

行かれて精神疾患があると判断されれば、傷害罪の適用もあり

それなりの慰謝料が取れると思われます。

 経済的な問題がご心配であれば、別居で通して、婚姻費用をもらい続けると

言う考え方もございます。

 頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

丁寧なお答えありがとうございます。

 

事実上別居婚となっており、配偶者は実家に帰っていて現在の家には戻る気がないそうです。(私がいる限り)なので、子供の学校の問題は全く心配はしていないのですが、

現在記入されている離婚届の配偶者の住所が現住所になっているので、離婚が成立したとしても、手当等の支給が受けられないのではとの心配もあります。

 

まったくその辺については無知な状態なので、もっと調べた方がいいのかもしれませんが…

 

その辺はどうしたらいいのでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

確かに、その辺りご心配のことと思いますが

離婚されると、戸籍は別になりますから

たまたま住所が同じで、同居している扱いとも考えられます。

ご主人様が別居されているのであれば、ご主人様が

住民票を移すべきでしょうね。

 確かに、母子家庭となればいろいろな手当てや自治体からの補助も

あるでしょうから、その場合は、ご事情をお話になって

市役所の方にご納得いただくしかないですね。

 市町村の対応にもよりますが、中には別居中で離婚予定と言うだけで

保育料が減額されたりと言う場合もございます。

実態としてみるでしょうから

偽装結婚とかまでは判断はされないでしょうね。

 この辺りの話は、ケースバイケースで、実際に市役所のご担当者に

ご確認された方が良いでしょうね。

また、各市町村に、女性センター(もしくは、婦人センター)と言う

女性向けの公共施設がございますので、そちらにもご相談下さい。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が不正確.
専門家:  shonansolicitor 返答済み 4 年 前.

ご質問再(再)投稿とのことですので、再度回答させて頂きます。 ただ、色々な質問と回答が入り混じりフォウカスがぼけてしまいました。

 

  お手数ですが、もう1度、お聞きになりたいことを箇条書きにしてお聞かせ頂けますでしょうか?

 

 

 

 

というような要領でお願い出来ましたら幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が不完全.
どう対応していったらいいかわからないのが現実です。
専門家:  shonansolicitor 返答済み 4 年 前.

これまでも私を含めて複数の回答者が数々のアドバイスをしてますが。既にメールでは色々ご相談をなさっていますが。

 

拝読していて、ご相談者様はここのサイトでメールでのご相談で、ご納得いく回答をもらうのには限界があるのではないでしょうか。

 

下記の弁護士会に電話して、直接相談した方が良いと思います。(相談料は、30分につき、5250円です。)

http://www.nichibenren.or.jp/contact/consultation/legal_consultation.html

 

 

費用の点でご心配があるようでしたら、法テラス(0570-078374)にお電話をなさり、紹介を受けることも可能です。

 

法テラスは税金で運用されていますので一定の収入以下の方の場合のみ相談が受けられます。下記に詳しい内容が出ています。3回まで無料で相談が受けられます。

 

お話の内容によっては、調停や訴訟になった場合でも弁護士さんに御支払いになる費用を立替えてくれる場合もあります。

http://www.houterasu.or.jp/nagare/youkenkakunin/index.html#no1

 

 

自治体(市役所等)でも、弁護士や行政書士、司法書士等の法律家による無料相談を実施しています。

 

そのような諸々の機関をご利用されて、今までこちらでアドバイスを受けた内容を踏まえて、直接、対面方式でご相談を受けてみてはいかがでしょうか。ご参考になりましたら幸いです。

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 何から手をつけてよいのかわからない場合は、まず調停を申立ててください。その中でアタマも整理されていきますので。

 

 裁判所の敷いたレールにうまく乗っかることです。婚姻費用分担、親権、養育費、財産分与、慰謝料、これが主軸になります。知識的には他の先生方がお書きになっており重複するので。

 

 公正証書、私証書は迂遠な気がします。

 

 離婚法制じたいは有責主義から破綻主義へと流れてきているので、比較的質問者様に有利と思います。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    811
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    811
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    303
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    206
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問