JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

弁護士に任意後見契約を依頼出来ますか

解決済みの質問:

弁護士に任意後見契約を依頼出来ますか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

弁護士や行政書士等に遺言を作る時に一緒に頼む人もいます。弁護士等に頼まなくても公証役場にお電話をして頂き、必要なものを確認して頂いたうえで、ご自身だけで公証役場に行っても大丈夫だと思います。

 

任意後見契約を締結するには、任意後見契約に関する法律によって、公証人が作成する公正証書でしなければならないことになっています。理由は、本人の意思をしっかりと確認しなければいけないし、契約の内容が法律に従ったきちんとしたものになるようにしないといけません。

 

従って、裁判官や検事・法務局長など、長年法律的な仕事に従事し、深い知識と経験を持つ公証人が作成する公正証書によらなければならないと定められているのです。

 

弁護士や行政書士に公証人との橋渡し的な役目をお願いする方もいますが。任意後見契約程度でしたら、直接公証役場に連絡して、公証人に作成してもらうことも十分可能だと思います。

 

全国の公証役場のサイトをリンクしておきます。

http://www.koshonin.gr.jp/sho.html

 

shonansolicitorをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問