JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

オーバーローン状態です。 住宅ローン残高2700万円。役所調べ土地・建物評価額1500万円。 財産分与すると、各

解決済みの質問:

オーバーローン状態です。
住宅ローン残高2700万円。役所調べ土地・建物評価額1500万円。
財産分与すると、各600万円づつ負債を負います。
子供は、大学受験を控えていますので、私が住みつづけて、
ローンを払っていこうと思います。

養育費は12万~14万円になりますが、
住宅ローンを払い続けるのが、難しい状況にです。

財産分与を免除(負債分)をする代わりに
養育費の減額はできないものでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。改めてご質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

養育費(民法766条等)と財産分与(同768条)はともに金銭債権ですが、条文も法律上の性質や根拠も異なりますので、それぞれ一応形式上、別々に考える必要があります。

 

しかし、実際上はご相談者様のご希望なさっているものと同じ主旨になると思います

 

ご相談者様X、奥様Yとして例示すると以下のようになると思います。

XはYに養育費として月額12万円を支払うものとする。

YはXに財産分与として金600万円を(分割で)支払うものとする。

 

ですから、実際のところはご相談者様の主張と金銭の授受という点に着目すると同主旨の内容になると思うのですが。

 

離婚公正証書や調停離婚調書は公証人や裁判官といった法律家が作成するですので、養育費と財産分与を相殺(そうさい)して云々といった表現にはならないはずです。

 

しかし、やや乱暴な見方かもしれませんが、実態はご相談者様のおしゃっていることと、お相手が同意すれば、違わないと思います。

shonansolicitorをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

貴方が価格を提示して回答を募集した質問に、法律家としての意見を回答致しました。次は貴方に法律上の義務を果たすべき責任があります。 回答の意味が分からない場合は解説しますが、回答を踏まえて質問なさる場合は「承諾」した後に新規で投稿願います。

 

価格を提示して質問した以上は責任を持って、ご対応をお願いします

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問