JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4635
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

当方、日本人の女性です。日本の法律の下にアメリカ人の夫と昨年の3月に結婚しましたが、結婚後ずっとアメリカと日本でお互

解決済みの質問:

当方、日本人の女性です。日本の法律の下にアメリカ人の夫と昨年の3月に結婚しましたが、結婚後ずっとアメリカと日本でお互い別居で先週離婚が成立しました。私には好きな相手がいるのですが、もし今、彼の子供を妊娠した場合、300日問題にひっかかりますか?
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 微妙な問題とは思います。

夫婦の一方が、外国人である場合は、日本での300日ルール外でも

外国人の配偶者の母国の法律が、嫡出子と認めれば嫡出子の推定がされます。

ただ、アメリカですから、州法によっても異なるかもしれませんが

婚姻中のお子様が、嫡出子だと思いますので

(これはきちんとお調べになって下さい)

日本の300日ルールのみに従う形になると思います。

 ただ、元ご主人様とずっと別居で海外にいらっしゃるとなると

物理的にご主人様のお子様を懐妊するのは不可能ですので

「推定の及ばない嫡出子」として「親子関係不存在確認」を申立てることに

なります。

 そういう意味では、面倒な手続きが増えますので

300日にひっかからないような対応をされた方が無難だとは思います。

ただ、離婚後に早産で生まれた場合は、300日ルールでも

離婚後に懐妊した証明書を担当の医師が作成できれば

推定の及ばない嫡出子として認められるようです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問