JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 935
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

2007年に知人の男性の紹介で養子縁組しました。理由は2007年に事件に巻き込まれ逮捕され(不起訴)インターネット上

解決済みの質問:

2007年に知人の男性の紹介で養子縁組しました。理由は2007年に事件に巻き込まれ逮捕され(不起訴)インターネット上に名前が出て就職も困難になってしまったからです。そして、最近になって戸籍謄本をあげてみたら知らない間に9人も養子が出来ていました。養父も紹介者も連絡が取ません。そこで養子縁組を解消したいと思っていますが、どのようにすればわかりません。
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.


養子縁組届を、知らない間に出されてしまっていたということですね。

現在の状況を解消する方法としては離縁の手続きと、無効の手続きとが考えられます。
離縁の手続きというのは、一度養子縁組が成立していることを前提として、解消を行う手続きで、
結婚に対する離婚と同様の手続きになります。

相手方と連絡をとり、合意を得ることができればもっとも簡単に解決できる方法である一方、養子縁組が成立した事実は残ってしまいますので、気分的にはあまりよくありません。

無断で提出されたということを考えれば、無効による手続きを行うのが正攻法です。
但し、この手続きを行うには、家庭裁判所の調停や訴訟を行う必要があるため、費用と時間を要してしまうのが難点です。

なお、養親や養子の住所については、それぞれの本籍地で〔戸籍の附票〕を取得すれば、養子縁組後に何度転居していたとしても、現住所を確認することができます。住民票を正しい住所に移動させていない方がいた場合には、追跡できませんので、離縁の手続きというのは出来ませんが無効の手続きは進めることは可能です。

houmuをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問